占いツクール
検索窓
今日:1,769 hit、昨日:1,057 hit、合計:222,173 hit

73 ページ12

「A、何してるの?」






早朝のこと

Aが一人書物を廊下へ運び出しているのを偶然発見した

これじゃ廊下通れない…






「これどこに運ぶの?手伝うよ」

『悟、俺が死んだらこれ全部本家に返してきてくれる?』







この子はなんて冗談を。と思ったが真剣に作業を続けるAの動きをみて冗談ではないことを悟る。

止めるべく手首を掴んでこちらに向けさせた








「どう言うこと?」

『これから不動御摩供を行う』

「それは良いけど死ぬって冗談は嫌いだな」








自分でも低い声が出たと思う


Aが焦っているのはわかってた。だけどこの子のことだ、自分のことは自分で解決するか自分の中に落とし込むだろうと思って特に言葉を掛けたりはしなかった







『燃え消えない護摩木を用意してもらった。次期にそれが届く』

「それが何?」

『あのひよこはやっぱり迦楼羅だった。俺の舞でどうやら変化するらしい多分それを続けたら…』

「続けるってどのくらい。死ぬまでなんて言わないよね」







迷いのない瞳を真っ直ぐに向けてくるAに初めてこの子が正常じゃない判断をしたことに気づいた。有耶無耶にやっ付けに。






「死ぬまで続けるなんて許すわけないでしょ」


『これでうまくいかなかったら俺は死ぬよ』


「冗談ならそれくらいにして。僕との約束が守れないならやらせられない」


『悟には関係ねぇよ』








手を振り払われ、プチンと何かが切れた

そう気づいた時にはAを壁に押し付けて身動きを封じていて

両手を掴み股の間に足を喰い込ませ微動もできないように押さえ込んでいた

74→←じゅじゅさんぽ<クリスマスプレゼント3>



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (354 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1966人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミラ(プロフ) - 要さん» あまあまのあまが見たいです!!絶対ドロドロでしょ笑 真綿に包んでそっと大切に宝箱に仕舞い込んでそうな感じしません??ふふふふ (1月17日 22時) (レス) id: 23e9cd344d (このIDを非表示/違反報告)
ミラ(プロフ) - 要さん» あまあまのあまが見たいです!!絶対ドロドロでしょ笑 真綿に包んでそっと大切に宝箱に仕舞い込んでそうな感じしません??ふふふふ(^ ^) (1月17日 22時) (レス) id: 23e9cd344d (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ミラさん» リクあじゃっす!!でも今でも結構ごじょせんあまあまのあまよ。もっとあまあまにしてってことかいな?ふふふふふ (1月17日 22時) (レス) id: dc654e081f (このIDを非表示/違反報告)
ミラ(プロフ) - リクエストなのですが、夢主さんが女の子だったらバージョンも見てみたいです!絶対女の子なら五条先生ゲロ甘で距離感バグだろうな〜と思いまして笑笑 ご検討ください(o^^o) (1月17日 20時) (レス) id: 23e9cd344d (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - mさん» あぁぁ、mさんありがとうございます。そう言ってもらえてすごく嬉しい…うぅぅ、心に沁みてゆくありがとうございます。 (1月13日 22時) (レス) id: dc654e081f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2020年12月14日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。