占いツクール
検索窓
今日:544 hit、昨日:2,476 hit、合計:706,720 hit

♯大好きだから ページ49

A side









連れてこられたのはスタジオだった。









佐久間「 俺が今から2人を楽しませるから!
とりあえず見ててっ 」









キャップを被り直した佐久間大介は、

曲がかかった瞬間、
スイッチが入ったように雰囲気が変わった。





歌詞をそのまま身体で表現する佐久間大介の姿に
心も目も奪われる私達は、

瞬きを忘れるほど魅入ってしまった。





___ふと気づけばいつも傍にあなたがいてくれた





___世界中から嫌われてる気がしても強くなれたの





歌詞の1つ1つが、

私と美希を表しているようだった。









佐久間「 これは、
spicy chocolateさんのうれし涙 瓩辰洞覆世茵

まさに2人にぴったりだね!

ってことで!

邪魔者は消えますわぁ。笑 」









そう言い残してスタジオを出ていった
彼の後ろ姿を見て、私達は再び顔を合わせた。









『 美希…
私、美希に何かしちゃったかな… 』





美希「 ううん、違うの。

AがS9に入って本当に嬉しかったの。

だけど、S9に入ったAとこれまで通り
話していいのか分かんなくなって…

AにはS9がついてるって思ったら、
うち、なんか寂しくなっちゃって… 」





『 美希のばかっ…!
私には美希しかいないのにっ!

ごめんね美希っ、
気づかなくてごめんっ!! 』





美希「 ぶえええええんっ!

Aごめんねっ、ほんとにごめんねっ! 」





『 美希と話せなくて寂しかったぁ!!! 』





美希「 うちもだよAーーー!!!

Aと話せなくて頭おかしくなりそうだったーっ!

ごめんねーっ!!! 」









幼稚園児のように泣き叫びながら、
私達はお互いをきつく抱き締め合った。









『 ははっ!笑

美希ぶさいくっ!笑 』





美希「 泣いてもかわいいとかなんなの!?笑 」





『 ねぇ、美希。

私S9にかけあってみようと思う 』





美希「 なにを?? 」





『 これまで通り、

美希といっぱい話したり遊んだり
させてほしいって。言ってみる! 』





美希「 A… 」





『 私には美希が必要だから 』





美希「 うちこそ、Aがいないと絶対嫌! 」









これまで積み重ねてきたS9の意義を
私がまた壊してしまうかもしれない。





だけど、大切な親友を手放すなんて
考えられなかった。









___その為に、私はまた 闘う 瓩鳩茲瓩拭









※続編できました→←♯藁にもすがる想いで



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (749 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3270人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 学パロ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

leechan - 零さん» コメントありがとうございます!続編も頑張ります! (1月20日 21時) (レス) id: 3dac29f62b (このIDを非表示/違反報告)
leechan - おーやんさん» ありがとうございます!更新をお待ちください! (1月20日 21時) (レス) id: 3dac29f62b (このIDを非表示/違反報告)
- お話、すごく好きです!!続編楽しみにしてます! (1月20日 17時) (レス) id: f20013ee9d (このIDを非表示/違反報告)
おーやん(プロフ) - 楽しく読ませていただいてます!S9最高です!続編がでるの楽しみにしています!! (1月20日 12時) (レス) id: 7c71f694df (このIDを非表示/違反報告)
leechan - 祐莉さん» ご意見ありがとうございます!今後の更新を楽しみに待ってくださるとありがたいです! (1月19日 12時) (レス) id: 4afeda7977 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:leechan | 作成日時:2021年1月13日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。