占いツクール
検索窓
今日:34 hit、昨日:28 hit、合計:24,571 hit

129話:非常事態 ページ9

斎藤「あんたはどうせ、仙台にも行こうと思っているのだろう?」

貴女「な、何で分かるんですか?!」

斎藤「簡単な事だ。あんたの目的は、綱道さんだからな」


ずっと綱道を追ってたから、それもそうか。
少しでも超能力者?とか思った私は馬鹿か。


風間「では、Aが仙台へ行くのか?」

貴女「え?白河城が終わったら、仙台に行こうかなって思ったんだけど」

天霧「あなたは…。言っても聞くわけもありませんか」

永倉「Aちゃんだから、仕方ねえよ」

貴女「あれ?私、馬鹿にされてます?」

永倉「ば、馬鹿になんかしちゃいねえよ。
責任感が強いAちゃんだから、仕方ねえなってことだよ」


責任感が強い、か。
うーん、そう言われればそうかもしれないけど。
なぁんか、言いくるめられた感がすごいんだよなぁ…。

永倉さんの苦笑いを見ていると、白河城から匡ちゃんと原田さんが慌てた様子で戻ってきた。


不知「おまえらの隊士なんざ、誰一人もいなかったぞ」

原田「それどころか、城の周辺に一人の兵士もいねえ」

永倉「戦の真っただ中だっつうのに、一人の兵士すらいねえなんておかしいじゃねえか」


これはただ事ではない。
兵士がいないのは、無理くりでも理由は付けられる。
でも、隊士さんたちがいないと言うのは、どうにも理由が付けられない。

逃げ出したとも考え辛い。
そうなると…。


斎藤「中へ、連れ込まれたか…」


私もそれしか思いつかなかった。
こうなると、もう踏み込むしかない。

私は建ちあがり、刀を腰に差した。


風間「行くのか?」

貴女「もう待ってられない。
もし隊士さんたちが連れ込まれたとしたら、放っておけないもん」

天霧「仙台はどうするのです」


うっ…。
仙台は、どうしよう…。
まだ何も決まってなかったんだ。


原田「なあA。俺たちが仙台へ行こうと思うんだが、どうだ?」

永倉「あっちには平助や総司もいるから、多少は時間を稼いでくれるだろうけどよ。
どれだけの羅刹がいるかも分からねえ。
兵士の数も多い場所だ。なるべく早く行った方がいいだろ?」

貴女「それは、そうですけど…」

不知「仕方ねえ。俺も原田たちに付いてってやるよ」

貴女「匡ちゃんが?」

不知「こいつにはまだ衝動があるからな。
Aが行けねえなら、ここまで来た時と同様に、付いて行くしかねえだろ」

*129*→←*128*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (11 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
26人がお気に入り
設定キーワード:薄桜鬼 ,
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

まほろ(プロフ) - 朔さん» コメント&一気読みありがとうございます!風間の言葉遣いがなかなかに難しく、上手く表現出来ているのか不安でしたが、可愛いと言ってもらえてうれしいです♪なかなかに私の妄想が激しいものになってしまいますが、これからもよろしくお願いします(*´ω`*) (10月4日 9時) (レス) id: 92dfc97012 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - コメン失礼します!今日この作品を見つけて一気読みしてしまいました!!悲劇が無くて風間がかわいくて()大好きです!!!最近は薄桜鬼の小説を書いてる方も少ないので...(>_<)応援しています(^^ゞがんばってください!!長文失礼いたしましたm(__)m (10月4日 2時) (レス) id: af48bb8f49 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:まほろ | 作成日時:2019年10月2日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。