占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:4,951 hit

友達の話 ページ3

それと兄と八乙女くんが一緒にいるとなんとなくお爺ちゃんっぽいです

あ、これはあくまでも私の偏見ですが

八乙女「伊野ちゃんさあ〜、前髪多めの方が絶対いいと思うんだよね〜〜、」
兄 「俺ぇ?ん〜、光が言うならそうすっかな〜」
八乙女「例えばさあ、俺が前髪多めってのはどうよ 」
兄 「え〜?光が前髪多め〜?ん〜〜、いいんじゃない?」
八乙女「ちょっと待って、絶対どうでもいいって今思ったでしょ 」


この2人の会話で困るのはオチがなくただひたすら長話になるところです

早く帰ってくれ、と思う時も多々あります

___________

さあ、最後に

この人と遭遇するのは年に一度か二度

私の中で 隠れレアキャラとされているのが高木くんです

高木くんは遊びに来る回数も少ないですが、滞在時間も1番少ないです

ただうちに差し入れをしてくれたり、来る時と帰る時の挨拶は欠かさないなど1番好印象です

しかし、高木くんが遊びに来ているのに兄のテンションはあまり上がりません

兄「なんで来たんだよぉ〜、帰れ帰れ〜 ( 笑 )」
高木「 いや、お前が呼んだんだろ ( 笑 ) 」
兄 「 そうだったそうだった、ごめんな、たかぎ〜」
高木「た!か!き!…ってこのくだり上半期100回はやったよな 」
兄 「それな〜〜 ( ヘラヘラ ) 」

兄にイライラしているところを見ると高木くんと私は以外と意気投合するかもしれませんね


以上で兄の友達の話は終わりにしたいと思います

つづく

日常の話 : 朝→←友達の話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (6 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
5人がお気に入り
設定キーワード:伊野尾慧 , 妄想 , BEST , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:天ぷら | 作成日時:2015年9月18日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。