占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:26,322 hit

3♯ ページ5

宏太side

あの、衝撃的な光景を見てしまった翌日

隣のベッドで規則性のある寝息をたてる慧

(安心して眠れてるかな?)

落ち着いているのか俺が起きても気付かない

大学に行こうとするがどうしても慧が心配に

なって行けないから休むことにした

朝はテキトーにカップ麺でも食っといて、

大学の課題に取りかかる

カリカリ

2時間ほど勉強しただろうか

気づくとお昼になっていた

「に…してもお昼どうするかな…」

料理の出来ない俺は、キッチンを眺めてた

ガラッ

寝室の扉を開ける音が聞こえ、向かうと

「慧!」

細い身体を少し震わせながら起きてきた慧

慧「お…はよ…宏太」

「おはよ…慧」

その華奢な身体を抱きしめると体温が感じれて

俺の大好きな慧なんだって、分かった





でも、このあと知らされる


世の中にはどうにもならないことも


あるんだって

作者から(><)→←2♯



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (32 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
65人がお気に入り
設定キーワード:Hey!Say!JUMP , 薮宏太 , 伊野尾慧
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ひよこ - コメントお待ちしています! (2018年7月18日 17時) (レス) id: d38d4b59aa (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ヒヨコッピー | 作成日時:2018年6月1日 6時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。