占いツクール
検索窓
今日:73 hit、昨日:76 hit、合計:22,190 hit

58 ページ28

流星「望?」








望「正直いって俺は、俺と神ちゃんはAちゃんが好きやった。

何にでも一生懸命に取り組むAちゃんが、誰からも好かれるAちゃんが。」









A「誰からも?そんな分けない。

じゃあ何?手首はなんで切ったの?

誰からも好かれるやつが手首切ったりする?」








望「Aちゃんがいなくなった時の陲舛磴鹵里辰箸襦

ご飯も食べずにダンス、アクロバットの練習して。

元から細いのに、どんどん細くなって。」









大毅「俺な?昔陲舛磴鵑吠垢い燭鵑茵

なんでそんなに頑張るんって、そしたらなんで返ってきたと思う?」






祟裕《俺がもっとダンスもアクロバットが上手かったら大智やAは辞めへんくてすんだ》









大毅「俺な?その言葉聞いたとき自分が情けなくなったわ。」

59→←57



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (49 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
300人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:グリンピースの妖精さん | 作成日時:2017年9月22日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。