占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:2,471 hit

関係 ページ24

おさげちゃん

記憶が無い者同士で興味を持ち仲良くなった。
普段からお互いに思い出せるように頑張ろうと励まし合ったり(主におさげが)お互いに気付いた事で情報を共有し合っている。
寡黙な一等兵が明朗なおさげに積極的に話しかけられ、引っ張っられたり適度に振り回されたりしているスタイル。
記憶を無くした者同士である筈なのに、どう振る舞えば良いか分からなくなった一等兵に対して素直に元気良く、自分らしく振る舞うおさげちゃんを見て不思議に感じている。おさげに感化されて一等兵も自分からちょっとずつ動くようになったり。
時代が時代なので、おさげの髪型に何となく懐かしさも抱いている。

「…雨……雨、か。雨は…自分も、好きじゃない…。貴様は、雨の日に何かあったのかもしれないな」

「声が聞こえたが…どうした。…蜘蛛?……。(ゴッ)(ブチッ)……これで良いか」

■大正白軍鬼譚→←前ページ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (4 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定キーワード:キャラクター設定集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:嵩画 | 作者ホームページ:http//  
作成日時:2019年6月24日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。