占いツクール
検索窓
今日:12 hit、昨日:109 hit、合計:35,665 hit

:::101::: ページ13

.







クムユ「確かに最初は聞き間違えかと思ったわ、
自分の力がこんなものなんだから有り得なくはないって…




だけど、夢にまで出てくるなんておかしいじゃない」






アレン「夢ェ?」









初めてAと出会ったあの日
あの子の声の他にもうひとつの声が私には聞こえていた









___この子を守って...









鈴が転がるような優しいその声には、どこか聞き覚えがあった





確証は無いけれど、亡くなった私の姉の声のように思えた









20年以上も前のことだから姉の声を思い出そうとしてもはっきりとは思い出せないが、その声を聞いた時に私の耳が、私の頭が「それは姉の声だ」と、そう訴えていた






でも姉がどうしてこの子を守ってと私に言ってきたのかが分からず、私はこの時自分の力のせいなんだと聞き間違えということにした







Aと過ごして2〜3週間後の事だったと思う






私は夢を見た






夢なんて大人になってから見ることも減って、いつぶりだろうなんて思った






その夢に出てきたのは姉がまだ生きていた



私の足がまだ正常に動いていた



まだ平和に日々をおくれていた頃






2人で住んでいた赤い屋根の家
敷地内にある庭には幼い頃、両親に作ってもらった二人乗りの白いベンチブランコ






私はそのブランコの前に立っていた









そしてブランコには亡くなったはずの姉









.









............カホが座っていたのだ









.

:::102:::→←ありがとうございます!!



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (51 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
280人がお気に入り
設定キーワード:ONEPIECE , ワンピース , 白ひげ海賊団
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:白凪 | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/hsn145sfam1/  
作成日時:2019年10月19日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。