占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:18 hit、合計:6,231 hit

本気で怒らせてはいけない 3 ページ30

4人の問題にウチの相方が無意味に巻き込まれたのなら…その上Aのお人好しを利用しようとした奴がいるのなら、徹底的に潰さなければならない。



とは言え…いるのか?
この問題にAを巻き込んだ犯人が。




ナダルはこの問題の根源、首謀者、黒幕だから置いといて…


他の3人…特に目の前にいる派手で真面目な兼近が、Aを故意に巻き込んだとは思えない。

第一、兼近は本気でAの事慕ってるから、尚更有り得ない。



亜生も有り得ない。俺、普段から可愛がってるもん。
Aに手を出す事=俺に恩を仇で返すも同然だという事は、アイツ自身が良く知っている。


せいやは……ポンコツでドジっ子な奴が、怒ったら怖い先輩を意図的に巻き込むとかそんな器用な事が出来る訳ねぇだろ。

おまけに、せいやも兼近同様Aに懐いているし。
Aも、せいやの事「一生懸命な所が好き」って可愛がってるしなぁ…




「消去法でやっぱナダルだな、うん」
「しょ、しょーきょほー?」
「あ、悪い兼近。こっちの話」
「そ、そうですか…」




「とりあえず、何があったの?」

「その……実は今日、Aさんとナダルさん、仕事で共演したんですけど」

「…おぉ」




「……あ、ゴメン兼近君。色々言わせちゃって。こっからは俺がちゃんと話すよ」



お、漸く相方の口が開いた。
声も出てる。



「で、でもAさん…」
「いや大丈夫…こういうのは俺の口からちゃんと言わないと」
「………」



兼近は不安そうな表情だが、黙って見守る事にしたのか口を噤んだ。



「…俺はその問題については、数日前に霜降り明星のラジオでせいや君が話しているのを聞いて知ったんだよ。

ただ、ナダル君が何を言ったかはボカして…って感じだったから、その時は首を突っ込まない様にしようって決めてたんだ…」


「うん」



「でも…今日ナダル君と共演して、俺はラジオの事は知らないフリしてたんだけど…
言わなければ良い話だし…


なのにナダル君は、沖縄で起きた出来事を……反省の色無しで、まるで愚痴る様に、俺に……」




「………」




「しかも差別的発言の内容がさ、コレは本当に許せなくてねー…

流石に無神経でしょ……しかも反省じゃなくて愚痴っておかしいだろ…


だって、亜生君キレて当然だし、せいや君傷付いて当然だし、兼近君怖かっただろうし…


…そんな風に思ったら、流石に………その、俺……自分でも何言ってんのか覚えてないぐらいキレちゃって……」

本気で怒らせてはいけない 4→←本気で怒らせてはいけない 2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (7 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
7人がお気に入り
設定キーワード:芸人 , 番外編 , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

氷柱(プロフ) - 椿さん» コメントありがとうございます!とても励みになります!これからも頑張りますのでどうぞよろしくお願いしますm(__)mもしリクや出して欲しい鯨/任さん等のご要望があれば気軽にコメントにどうぞです(*^-^*) (6月4日 5時) (レス) id: fe9f990ab3 (このIDを非表示/違反報告)
椿 - いつも楽しく拝見させていただいております!お話とっても面白いです(^ ^) (6月4日 1時) (レス) id: 25f5dbf747 (このIDを非表示/違反報告)
氷柱(プロフ) - test (5月3日 20時) (レス) id: fe9f990ab3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:氷柱 | 作成日時:2019年4月26日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。