占いツクール
検索窓
今日:1,098 hit、昨日:1,139 hit、合計:284,210 hit

seventh 4 ページ28

結界内に入ったときの
妙な、ぬるま湯に浸かったような
そんな感覚と、押し寄せる呪力の気配。




いつの間にか閉じていたらしい瞳を開くと
そこに広がっていたのは古い洋館だった。




私は長い長い廊下に立っている。

前方向、後ろ方向に伸びるその先は
黒くて見えない。

いくつもの部屋と
赤色のカーペットが広がるだけの、
寂れた雰囲気がそこに漂っていた。


私を担いで居たはずの悟さんの姿は
どこにも見えない。



『(…はぐれた?)』



まさかこの状況で
置いて行かれるわけがない。

だとすると、はぐれたか…
別の場所に転移してしまったか。


いずれにせよ
このまま止まっていても仕方がない。


私は目の前にある
1つの部屋のドアノブに手をかけた。


キィ…と金属音を立てて扉は開く。

入って右手にはぱちぱちと
薪の爆ぜる音を立てながら燃えさかる暖炉、
壁全体は本棚となっており、
正面に1人がけのソファーと
その奥に砂嵐のブラウン管テレビ、
そして雪の積もった窓が1つだけある部屋だ。


薄暗い部屋に入る。

私が部屋に入った瞬間に
扉は閉まってしまった。

慌ててガチャガチャと弄ってみるが
動く気配はない。


『…閉じ込められたか』


まあいい。元々閉じ込められていたわけだし。

seventh 5→←seventh 3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (393 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1259人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 五条悟 , 家入硝子   
作品ジャンル:ラブコメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

白揚羽(プロフ) - きゃーぽんさん» 最期までお付き合いいただけて感謝感激です!ギャグも少し心配だったのですが、そう言って貰えるととても安心します…(笑)改めまして、本当にありがとうございました! (2月17日 18時) (レス) id: 400d2ea662 (このIDを非表示/違反報告)
白揚羽(プロフ) - もんて、さん» 反応が遅れてしまいすみません…!最期までお付き合いいただきありがとうございました!そうやって褒めていただけるととても嬉しいです…!改めて、ありがとうございました♪ (2月17日 18時) (レス) id: 400d2ea662 (このIDを非表示/違反報告)
きゃーぽん(プロフ) - 完結おめでとうございます!とっても面白かったです!お疲れ様でした (2月17日 1時) (レス) id: 0aee990b2e (このIDを非表示/違反報告)
もんて、(プロフ) - 完結おめでとうございます!!臨場感あふれる情景描写や、センスあるギャグが面白くて一気に読んでしまいました!とても面白かったです!お疲れ様でした! (2月5日 0時) (レス) id: 8402b0d99c (このIDを非表示/違反報告)
白揚羽(プロフ) - れんさん» コメントありがとうございます!これからラストスパートとなっていくので…ね?(笑)更新頑張ります! (1月25日 21時) (レス) id: 400d2ea662 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:白揚羽 | 作成日時:2021年1月14日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。