占いツクール
検索窓
今日:25 hit、昨日:372 hit、合計:107,315 hit

89. ページ41

side...You






私が、、、








私が





生まれてきた事は間違いですか








そんな事を思いながら、意識が飛びそうになるのを耐える





「お前さ、俺がだよ?この俺が何回も何回も誘ってやってんのに何調子こいてんの?」






私を待ち伏せしていた相手は






佐久間さん






何故自宅を知っていたんだろう







あの時、佐野さんが私に言ってくれた言葉が今になって突き刺さる







私は馬鹿で、





こういう運命だ。





そう思うと笑えた









「何笑ってんだよ。お前のその目、すげぇムカつくんだよ!!」








『っ、、』









容赦なく私を踏みつける佐久間さん。




私を見下すその目は







まるであの時の鬼のようで、






怖くて、恐ろしくて、抵抗できず
力なく彼を見上げた









「っ、、ごめ、、そんなんじゃねえんだよ。」






すると彼は急に私を抱き締めて、



涙ぐむ









『、わた、しの、、何が気に入らないですか、、』







ボロボロになった心と体を振り絞って問う






すると、急に彼の目はまた血の通っていない鬼のようになり、









「俺を舐めたその態度」









『や、、やめて!!』









私を殴り続けた









.

90.→←88.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (80 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
569人がお気に入り
設定キーワード:白濱亜嵐 , generations , LDH
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:nohana | 作成日時:2019年5月22日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。