占いツクール
検索窓
今日:19 hit、昨日:7 hit、合計:80,048 hit

#20 ページ21

ピンチなんて早々来ない。


そんな俺の予想は甘く、今は絶賛ピンチなのだ。



俺が感じた視線やら気配は本当に俺に向けられたものだったらしく、俺は捕らえられてしまった。


フューラー様の側近的存在の俺から情報を聞き出したいのだろう。


俺は椅子に両手両足を拘束され動かさない状態でいた。

周りを見ると鉄の棒、ペンチ、ナイフなど様々な物が卓上に並べられていた。



絶対拷問が始まる…

嫌だ嫌だ嫌だー!!!!!!



拷問が好きな奴なんてほとんどいない、いや、
居ないだろう。居ない。


された経験は無いけど絶対痛い。



痛くない筈がない…。









時は遡る事3日前__...



頭が少し抜けている俺は街を散策しているときに集団に襲われた。


攻撃は当たらなかった。



銃で撃たれたり、ナイフを振られたりしたが俺は避ける事だけは得意なので避け続けた。


しかし、相手はあたまが回る奴らだった様で

攻撃を上手く避けることが出来ていると思っていた俺は相手の巣の中に上手くおびき寄せられていた様で、




狭いところで約10人に一斉に飛びかかられ、拘束された。



3日間、1日1食生活をしている。

水はある程度貰っているが、生きるのが限界程度なのだろう。




そんな事を考えていると、暗闇に光が差し込んだ。


扉が開いたのだ。



?「今日も情報を吐く気は無いのか」


『ありません…何故俺が吐くと思っているのでしょうか』



少し怖いが退いたら終わりだと思って強めに出る。


よく頑張ってるよ、俺。



…この人達の情報が少しでも欲しい。



『ではまず俺の質問に答えてください。

皆さんはどんな組織なんですか?』


男達は少し話し合った後俺の方を向き直した。



?「我々はこの国を再建する使命を持つ者だ」



金髪の男は俺に1歩近づいた。


『どういう意味ですか』



?「そのままの意味だ。この国を建て直す。1度壊してからな」



男はそう言って卓上から鉄の棒を取る。



?「さぁ、今度はお前が答える番だ」


そう言って鉄の棒を俺の心臓に当てる。


?「グルッペンの情報…もしくは我々国の機密事項を話せ」


『フューラー様を何故そんなに親しげに呼ぶのですか。…俺は情報を与えるとは言っていません。

何も喋りません』



そう言い終わるのとほぼ同時に鉄の棒で殴られる。


痛いが、昔の訓練中の痛みに比べたらこのくらいはまだ大丈夫だ。耐えられる。



この瞬間から俺の地獄は始まった。






_

#21→←#19



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (209 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
622人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , 男主 , 軍パロ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ひゅう(プロフ) - やば、めちゃくちゃ面白いです!これからもがんばってください! (6月9日 20時) (レス) id: 11002cd545 (このIDを非表示/違反報告)
竹介太郎(プロフ) - この小説最高っす…面白すぎてヤバイ()更新頑張ってくだせぃ(ロ)ゞ (6月7日 18時) (レス) id: 48891dbb4c (このIDを非表示/違反報告)
ゆな - 更新されてる!?ヤッタァ!この後の展開どうなっちゃうのー!← 相変わらず小説作るのうまいっすね神っすね← (5月16日 18時) (レス) id: 701acce8ac (このIDを非表示/違反報告)
さささ(プロフ) - ゆなさん» ありがとうございます! (5月16日 9時) (レス) id: 328f3541a2 (このIDを非表示/違反報告)
ゆな - 見返したんですけど結局神でした!はい、いや別に一回一回見るたびにコメントしなくてもいいかもしれないけどなんかすげぇ!ってなってここにかきたくなるんですよねw多分神だからだと思う!更新頑張ってください!またまた言いますけど応援します! (5月11日 13時) (レス) id: 701acce8ac (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さささ | 作成日時:2020年3月29日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。