占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:3 hit、合計:1,556 hit

日常 ページ3

成side

右が使えなくてもあまり気にしないで、生活できるようになったのは、ここ最近の事

最初は着替えだったり、得意な料理や小説書くためのパソコンや車だったり…慣れるのが大変だった

奇跡的に腕が動かないだけで他の症状はないんだけどね…

雅「出来た〜貴達よんでくるー」

「りょーかい」

雅も右足が動かないだけで他に症状はないみたい

しばらくして

貴「おはよぉーいい匂い〜」

「おはよー」

和「おはよ〜」

「おはよー」

いとこ達とごはん一緒に取るようになってから、人数多くて大皿に盛った料理を、それぞれ小皿に取るスタイルに変わった

朝は皆ガッツリな人と少食な人分かれるから、大皿は弁当に入りきれなかった具材のみが並んでる

祐「あぁー!!今日急がないと行けないんだった!行ってきまーす」

皆「行ってらしゃーい」

2→←朝



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
8人がお気に入り
設定キーワード:家族 , , NEWS
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:美渚 | 作成日時:2019年6月15日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。