占いツクール
検索窓
今日:97 hit、昨日:556 hit、合計:218,029 hit

救世主? ページ12

実に美味しかったご飯を済ませ昨日のスーツを着て家を半強制的に出る
昨日の夜には白の壁しか暗くて見えなかったがどうやら屋根は明るい空色らしい
オシャレでふと目につく様なそんな家

ほんとにこれコネシマサンの家か?
仮にもヤクザでしょ...?

荷物はスマホしか持たせてくれなくて財布とかはそのまま家に置いてきた
昨日同様車は居心地が良い
ただ少し違うのは両側にいた2人が私の前にいて横にはコネシマサンがいるということ

流れていく景色を眺めているとポケットの中の携帯が音を立てて振動した

『すみません...!!』

慌てて確認すると案の定仕事場からの電話だった
無意識にため息が漏れる

『はい』

"おいお前!なにがはいだ!遅刻してるの分かっとるのか!!"

流れ出すのはしゃがれた怒鳴り声
思わず少しだけ携帯を離した
あまり好きなタイプの人間じゃないしなんというか、頭の硬い古い考え方の人だからどうも話が合わなくて苦手な人だ

今回はどう考えても私が悪いんだけど

横目で見えたコネシマサンは顔を顰めて私のことを見ている

『すみません、今日仕事行けそうになくて...連絡が遅くなってしまいすみません』

遅刻なんてしたことない
何が正しいのか分からなくてただ怒鳴り声を聞き流す

するとひょいっと手の中から携帯が抜き取られた

『あ、ちょっとコネシマサン...!!』

「ええから。貸せ。
あの、旦那なんやけど、うちの今日体調崩しててろくなこと出来そうもないんで休ませたいんですけど」

冷めた目で淡々と嘘を紡ぐ
漏れて聞こえる声は未だ納得してない様で怒鳴り声は収まってない

「いや昨日は元気そうやったって言っても昨日あんな遅い時間まで呑ませたのあんたらやろ。何を抜かしとんねん
もうなんでもええから今日A休ませるさかい、じゃ」

はぁっとひとつため息をついて私の手にスマホが戻ってくる

『あの、コネシマサン』

「あ?なんや」

『ありがとうございます』

「別に。大したことしてへんし」

そう言ってまたコネシマサンも外の景色を眺めるのに戻ってしまった


ーーー

スランプ気味でろくな文章書けません...
ごめんなさい...

足掻き→←言葉足らず



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (580 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1940人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , 〇〇の主役は我々だ , 実況者
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

わごむ - し、し、シッマが...襲わない!? (10月7日 0時) (レス) id: 37d509fa97 (このIDを非表示/違反報告)
美奈花(プロフ) - kurauda0827さん» ありがとうございます!ゆっくり更新ですがお付き合いください! (9月1日 14時) (レス) id: bf98cceb63 (このIDを非表示/違反報告)
kurauda0827(プロフ) - めっちゃ面白いですね!よんでる途中最高すぎて、悶えながら読んでました!更新楽しみにしてます! (8月29日 0時) (レス) id: dce11f68c6 (このIDを非表示/違反報告)
美奈花(プロフ) - れらちゃん=17さん» ありがとうございます!頑張ります! (7月31日 11時) (レス) id: bf98cceb63 (このIDを非表示/違反報告)
れらちゃん=17 - このお話大好きです!これからも頑張ってください! (7月30日 12時) (レス) id: 58cba98cf2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:美奈花 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2019年3月6日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。