占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:8,561 hit

5 ページ5

.



講義が終わって、食堂に向かう私達。




「あ、私忘れものしちゃったからテヒョナ先に行ってていいよ」



「わかった。席取っておく」





急いで講堂に向かう。


幸いなことに、さっき私達が座っていたのは入り口に近い方の席。




「っと...どうしよ...」

その席にジョングクくんが突っ伏して寝ていた。



忘れ物が筆記用具とかなら次の時でも良かったのだけど、今回忘れたのはスマホ。

スマホを講堂に放置はさすがに厳しい。
どうにかして取って来ないと...









私はドキドキしながらジョングクくんの寝ている席に向かった。




.

6→←4(修正)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
129人がお気に入り
設定キーワード:BTS , 防弾少年団 , ジョングク
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

はる(プロフ) - この作品の世界観すてきで好きです^^ 応援していますよ。頑張ってくださいね! (12月11日 22時) (レス) id: 8614be4ddf (このIDを非表示/違反報告)
ワカメ(プロフ) - しゆたんさん» ありがとうございます!絶賛迷走中ですが気長にお付き合いいただければ幸いです(;_;) (11月28日 0時) (レス) id: 5833a13adb (このIDを非表示/違反報告)
しゆたん - この作品愛してます!更新すっごく楽しみです☆ (11月26日 21時) (レス) id: 1927f1a6e3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ワカメ | 作成日時:2017年11月18日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。