占いツクール
検索窓
今日:43 hit、昨日:33 hit、合計:48,636 hit

_ ページ26

徐にベランダに出て、




目黒くんの隣に立つ






冷たい夜風が頬を撫でた






目黒くんは僕を優しい顔で見つめて








mg『お前まだ起きてたの?笑』







と笑った






ru「…やな夢見たの」




そう呟くと





また、





ふはっ、









と笑って




言ったんだ





mg『大丈夫、俺はお前を捨てたりしねぇから』





まるで僕の心を見透かしたように








ふーっと





口から煙を吐く目黒くんは






本当に、









かっこよかった









綺麗だった








美しかった









ru「…それ、美味しいの?」





そう聞くと






目黒くんは一瞬目を伏せて







mg『苦いよ、とっても』







そう言った








どうしてなんだろう





どうして大人は、





苦いものをありがたがるんだろう






僕にもいつか





苦いものを美味しいと思える日が来るのだろうか





mg『…お前はまだ、焦んなくていいよ』






目黒くんは透き通る笑顔で言った







目黒くんの言葉や笑顔からは、





香水とも、




コーヒーとも、




ピザとも、





煙草とも違う、






とってもいい匂いがした








幸せな、そんな匂いが。

live→←cigarette



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (76 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
270人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 病系 , mmru
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Nana* | 作成日時:2021年1月11日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。