検索窓
今日:141 hit、昨日:216 hit、合計:129,237 hit

8. ページ8

「傘ないの?」







後ろからする声は、明らかに私の心にずっと響いてるあの声で
おそるおそる振り向けば








ギターを背負った京本さんが傘をこっちに傾けている






『…ないけど走ります』







寒さと、緊張と、全部で震えた声
雨でびしょびしょだから顔なんて見られたくなくて







「ねえ待って」






また走り出そうとすると、今度は腕をつかまれて
無理やり傘に入れられる





「こんな濡れちゃって」



『あんまりジロジロみないでください』



「これで電車とか乗るわけないよね」



『…なんとかします』



「へえ アテあんの?」



『…』






京本さんは
はあってため息をついて眉をひそめると








「じゃあ近いし家来る?」




『え?』



「聞いてるんだけど 来るの?来ないの?」






バンドマンなんて、みんな同じだ こんな経験何回もあるけど
でも京本さんの優しい目は なんか違くて
うるさい心臓を落ち着かせながら







『…おじゃまします』







こう返事したのが、3つめの間違いだったんだ

9.→←7.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (241 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
690人がお気に入り
設定タグ:sixtones , 京本大我 , SixTONES   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

はむ(プロフ) - こまり ,さん» コメントの通知を切っていたので返信遅れてしまいすみません!そのような感想いただけて本当に嬉しいです泣 一応完結まで下書きにあるので更新お待ちください!最後までよろしくお願いします (8月15日 2時) (レス) id: 502b185181 (このIDを非表示/違反報告)
こまり ,(プロフ) - とても素敵なお話で胸がギューってなりました( ᐢ ̥_ ̫ _ ̥ᐢ )更新楽しみにしてます♡♡ (8月12日 5時) (レス) @page47 id: 12b1fa3c73 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はむ | 作成日時:2022年8月5日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。