検索窓
今日:149 hit、昨日:216 hit、合計:129,245 hit

40. ページ40

大我side.




「そういえばこの前結婚式の時気づいたんだけどさ、Aちゃんって何で敬語?」




対バン終わり一緒に歩いてると
樹がふと聞いてきた



大我さん 〜ですよね
〜ですか? 〜です!


なんて口にしてるAが浮かんで

そんなこと気にしてなかったけど

そういえばなんでだろ




『知らないわ 気づいたら敬語だった』


「でもさでもさ敬語ってなんかえっちだよね」


『マジで殴るよ?樹』


「ねえ嘘!そんな怒んなって 1回敬語取らせたら? ぎこちくなくない?」


『敬語ねえ』







確かに何で敬語?って思いながら玄関のドアを開くと

廊下を走ってきて




「大我さんおかえりなさい!今日は本買ったんですけど…」



目きらきらさせて話し始めて 帰りを待ってた犬みたいで笑える






『ねえA?』





ほっぺを掴むと 離してください
なんてぷんぷん怒ってて





『ずっと思ってたんだけど なんで敬語?』


「えっなんとなくですかね 敬語の方が健全っぽくないですか?」


『健全も何もないでしょ 1回タメにしてみて』





ええっタメですか?ってあたふたしてる





「たったいがご飯できてるよ〜えと 一緒に食べたくてまってたんだけど…え〜どうしよう」





俯いて顔赤くしながら呟く姿に
なんかダメな気がして





『ごめ やっぱ敬語にして』





思わずAの口を抑えて
前言撤回した





なんかダメって思ったのは理性とかなんかそういうことで

これ以上は良くないって変なセンサーが働いた

なにしてんだろ

41.→←39.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (241 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
690人がお気に入り
設定タグ:sixtones , 京本大我 , SixTONES   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

はむ(プロフ) - こまり ,さん» コメントの通知を切っていたので返信遅れてしまいすみません!そのような感想いただけて本当に嬉しいです泣 一応完結まで下書きにあるので更新お待ちください!最後までよろしくお願いします (8月15日 2時) (レス) id: 502b185181 (このIDを非表示/違反報告)
こまり ,(プロフ) - とても素敵なお話で胸がギューってなりました( ᐢ ̥_ ̫ _ ̥ᐢ )更新楽しみにしてます♡♡ (8月12日 5時) (レス) @page47 id: 12b1fa3c73 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はむ | 作成日時:2022年8月5日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。