検索窓
今日:143 hit、昨日:216 hit、合計:129,239 hit

38. ページ38






「ねえA変じゃないか見て」





ドアの外から聞こえて 廊下に顔を出すと

黒のスーツに 薄い緑のネクタイ

髪の毛はいつもみたいにふわふわじゃなくて綺麗に流してあって




『わ めっちゃかっこいいです お姉さんも喜ぶと思う』
思わず声が出る





今日は大我さんのお姉さんの結婚式、らしい





この前お姉さんがお家に来てたのもそれが理由だったって樹さんから聞いた





その時樹さんから聞いたんだけど

大我さんは実家にだんだん顔を出すようになって

他の人の目から見るに まるく? なったらしい

樹さんは Aちゃんなんか吹き込んだの?昔のきょもなら絶対結婚式なんてバックれてたわ

って笑ってたけど、別に私はなんにもしてないと思う






そのうちピンポンが鳴って

大我さんが「やっときたかー」って玄関のドアを開けて

夏の日が照りつける外に出ると

ちょっと大きめの黒の車にはメンバーのみんなが乗っている





高地さんが運転席にいて
「Aちゃん!」ってニコニコ手を振ってて

助手席の樹さんが窓を開けて「Aちゃんも来る?」なんて笑ってる




『わざわざ家に来てもらうなんて甘やかされてますね』

「どっちが甘やかされてるか勝負する?」

『なにそれ みんな待ってるから行ってください』






車のドアがバンって開くと

「きょもとAちゃんの結婚式みたい」って慎太郎くんがおっきい声で重ねた







「じゃあする?結婚」







大我さんは車に乗り込もうとする足をちょっと止めて振り返って 毛先をふわってさわると
また悪戯っぽく笑った





『また冗談のやつですか?もう行ってください はいはい 気をつけて!』





顔が赤くなる前に言い切って
大我さんの背中を押してどんって車に押し入れると


「きょも振られちゃったねー!」ってみんな口々笑ってて
当の本人は 何が?みたいな顔をしていて

去り際に樹さんがまた窓を開けて「きょもは俺が叱っとく」なんて言い残した

39.→←37.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (241 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
690人がお気に入り
設定タグ:sixtones , 京本大我 , SixTONES   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

はむ(プロフ) - こまり ,さん» コメントの通知を切っていたので返信遅れてしまいすみません!そのような感想いただけて本当に嬉しいです泣 一応完結まで下書きにあるので更新お待ちください!最後までよろしくお願いします (8月15日 2時) (レス) id: 502b185181 (このIDを非表示/違反報告)
こまり ,(プロフ) - とても素敵なお話で胸がギューってなりました( ᐢ ̥_ ̫ _ ̥ᐢ )更新楽しみにしてます♡♡ (8月12日 5時) (レス) @page47 id: 12b1fa3c73 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はむ | 作成日時:2022年8月5日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。