検索窓
今日:105 hit、昨日:449 hit、合計:131,444 hit

15. ページ15

桜吹雪でよく見えないけど
綺麗な金髪に大きいTシャツに黒のギターケース
紛れもない 大我さんだ






『大我さんねえなんでここにいるの』



「卒業おめでと、制服で会うの新鮮じゃない?話したいことある」





"卒業おめでと" なんてまるで "知ってたよ" みたいな言い方

もっとわたしも今すぐ聞きたいことも謝りたいこともあるのに
腕を掴んで歩く大我さんはなんも答えてくれなくて、そのままカフェにはいった








「…あのさあA」





沈黙を割くように口を開いた 今更何を言われるんだろう





「未成年ならそう言って?あともうこれでこうやって会うの最後だから」






大我さんも 私が子供だから逃げてくんだね
どこぞのバンドマンといっしょ
期待してた自分が馬鹿みたいだ






『大我さんごめんねだいすきです』





私がそういうと困ったように頭をかく






「親は?」



『いないです』



「これから先どうすんの?」



『決めてません』








またため息









「だけどもし困ったらここ電話して 親だと思って」







すっと渡される紙をもらって、急いでカフェをでた
泣いてる顔を見られないように
もう電話なんてするわけない
大我さんのこと、今更親なんて思えないよ






卒業したらいいじゃんってなるのが普通だと思うのに、まあ18才の未成年ってことは変わりなくて
変に頑固で意思が通ってるとこも 私の好きな大我さんだった

16.→←14.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (242 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
696人がお気に入り
設定タグ:sixtones , 京本大我 , SixTONES   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

はむ(プロフ) - こまり ,さん» コメントの通知を切っていたので返信遅れてしまいすみません!そのような感想いただけて本当に嬉しいです泣 一応完結まで下書きにあるので更新お待ちください!最後までよろしくお願いします (8月15日 2時) (レス) id: 502b185181 (このIDを非表示/違反報告)
こまり ,(プロフ) - とても素敵なお話で胸がギューってなりました( ᐢ ̥_ ̫ _ ̥ᐢ )更新楽しみにしてます♡♡ (8月12日 5時) (レス) @page47 id: 12b1fa3c73 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はむ | 作成日時:2022年8月5日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。