占いツクール
検索窓
今日:229 hit、昨日:223 hit、合計:19,152 hit

7話 ページ8

.





コンパスの差とは悲しいもので
キヨが普通に歩いている速度にもかかわらず
私は早歩きで着いていかなければならない

こいつ、人に合わせるとかないわけ?!


息を切らし必死にキヨの背中を追いかけていて
自分がどこに着いたのかも気付かなかった

突然止まったその背中にぶつかる



「俺、欲しいゲームあったんだよね」


いつの間にか来ていたのは
家ではなく先日キヨと出会った街のゲーム屋
フジもゲームが好きで
この店には何度か訪れていた



『家に帰るんじゃ・・・?』


「帰るけどちょっと待ってろって!」



ゲームを物色し始めたキヨの耳には
もう私の声など届いていないようで
真剣にゲームを選んでいた

解放された腕をさすりながら
1人で帰るわけにもいかず
仕方なく店内を見て回る

今日何度目かのため息が漏れた



「お待たせ〜」


数十分後、キヨは戻ってきた
その手には何本かのゲームソフトを抱え
嬉しそうにしていた




「Aもなんか買うか?」


『いや、買わないし!そもそもゲームできないし』


「お前ゲーム音痴かぁ!
じゃ、今度なんか貸してやるよ!」


『いや、遠慮しときます』



くくく、と嬉しそうにゲームの話をするキヨは
本当にゲームが好きなんだと伝わって来た

なんだ、ただのゲームオタクか・・・



「お、クレープ!」


ゲームの話をしていたかと思ったら
クレープ屋を見つけるやいなや
私を置いて走り出して行った


おい!!!



しばらくして帰って来たキヨの手には
クレープが2つ握られていた


「ほら」


『え?』


はいっと差し出された
イチゴと生クリームたっぷりのクレープ
本人はもう片方を食べながら
“お前も食え”と目で訴える

仕方なくそれを受け取る



『・・・ありが、と』


それに満足したのか
ふっと嬉しそうに笑みを浮かべた
不覚にもその横顔に一瞬ドキリとしてしまった





.

8話→←6話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (66 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
349人がお気に入り
設定キーワード:最終兵器俺達 , キヨ , 実況者
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しおみ(プロフ) - あっとろさん» コメントありがとうございます!更新遅めですが頑張って行きたいと思います! (12月15日 15時) (レス) id: 1b48ac35b1 (このIDを非表示/違反報告)
あっとろ - おもしろい!更新頑張ってください! (12月10日 0時) (レス) id: 61fa521ea8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しおみ | 作成日時:2017年12月7日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。