占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:2,185 hit

第5話 カナメ ページ6





波の音と団員達の楽しげな声が聞こえる。


かくいうウチは


ガサガサ……………ガサッ!

「うん、これ良さそう」
木にぶら下がっていた。
手には赤い実のついた植物が。

ここは、海岸からそんなに離れていない所にある 森の中。

と言っても樹木達は太陽の光を隠すくらいに生い茂っており、そのおかげで 日光が苦手なウチも気にせず活動が出来ている。

それでも多少は差し込む日光は、
補佐サマから貰ったフード付きのローブと科学者サマから貰った日焼け止めで ばっちり対策した。

……ちゃんと貰った服だよ。
無断で着てないからね。


そこへ


「カナメー?」

下から声。あの黒い頭は、シキだ。
使用人サマも一緒だ。
そういえば、何か買うって言ってたっけ。

シキはウチを探しているのか、キョロキョロと辺りを見渡している。

「なーなー、ここじゃないんじゃ
「上だよ」 !!ッおんわぁあ!!!」
使用人サマ、めっちゃビビってる。
あ、尻もちついた。

「え……?わっ!なんでそんなとこでぶら下がってんの!?」

シキはあんまり驚いてない。意外かも。

「良いの見つけたから」

「……ほんと、日差しが無いと元気だよなー」

「照れる」

「照れるの!?」

「冗談」

「………」

「………」

「………」
使用人サマも呆れた目で見上げてるなー。

「………で、どうしたの?」
ウチを探してたけど。

「あ、そうだった!だんちょーとローザさんが
『 遅くならない内に帰ってきなさい 』だってさ!」
カナメ、朝早く出てったから知らないでしょ?

「んー………善処する」
この森は広い。しかも、観察したい子(植物)達がたくさんいて1週間で採取しきれるかどうか
んー微妙だ。
早く帰れるかな……。

とりあえず

時間が無いなら、急がねば。

ウエストポーチに先程の赤い実の子を仕舞い、体を木から離す。
ヒラリと苦もなく地に着地する。
目線はもう森の奥を見据えていた。
そんなウチを、小さな相棒が呆れた視線を送ってくるがウチは気にしない。


さて

「奥、進も」





「シキ、あれ大丈夫なのか?」

「……(これ 後でローザさん達に怒られるやつだ)」
何かを悟ったシキだった。





第6話 レイナ→←第4話 ルーク



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 6.8/10 (14 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
11人がお気に入り
設定キーワード:小説 , シアン空団
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

新玲乃音元iqqvyuu(プロフ) - 終わりました (9月5日 19時) (レス) id: c000802a3c (このIDを非表示/違反報告)
新玲乃音元iqqvyuu(プロフ) - 誰もしないので編集します (9月5日 19時) (レス) id: c000802a3c (このIDを非表示/違反報告)
新玲乃音元iqqvyuu(プロフ) - 終わりました (5月14日 19時) (レス) id: d271bd57c6 (このIDを非表示/違反報告)
新玲乃音元iqqvyuu(プロフ) - 最新します (5月14日 16時) (レス) id: d271bd57c6 (このIDを非表示/違反報告)
新玲乃音元iqqvyuu(プロフ) - 訂正終わりました (4月9日 22時) (レス) id: d271bd57c6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:re:× × x他4人 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年1月27日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。