占いツクール
検索窓
今日:28 hit、昨日:239 hit、合計:79,534 hit

□36. ページ37

「それは、俺が知史にやった…いや、違う、…そんなはずねぇ…!」


俺の腕にはカズ選手から貰ったリストバンド。

俺の姿を知史くんに重ねたのか…、それは分からないけれど、中岡さんは1歩ずつ後ろに退く。


「そんな…俺が間違っているとでも言うのか知史…、俺はっ、敵を取ってお前の元へ逝きたかっただけなんだ…!なのにどうして知史…っお前まで俺を否定するんだ…」

「中岡さん…?」


泣き崩れて地面に膝をついた中岡さんはわなわなと震える手をこちらへ伸ばす。


「知史っ!逃げろ…!!」


ぴ、ぴ、…と嫌な電子音。
またもやスタジアムは大きく揺れ、爆発が起こった。



「っ…くそ!!!」

「よせ…!!」

「冗談じゃねぇ…!!」


このままじゃ、何もかもが終わっちまう。

駆け出した俺はベルトからボールを射出すると靴に手を当てる。



「諦めて、たまるか…!!」

「無理だ、子供の力じゃ…!」


止める…爆発はぜってー止めてやる…!!

あいつと約束したんだ、絶対に戻ってくるって…!



「いっけぇぇ!!」



俺の蹴ったボールは勢いよく飛ばされ、



「曲がったぁ…!!」


綺麗に曲がり、ゴールポストを目掛けた。


いける、…そう思った時だった。
爆破によって壊されたライトが上から落ちてきた。

綺麗なタイミングでぶつかったボールとライト。
ライトの破片がキラリと飛び散り、地面に転がったボールは空気が抜けていく。

それと共に次々と崩れてきた機材や柱は、ゴールの前を塞いだ。



「そんな…、ボールはあの一球しかねぇってーのに…」


──いや、替えがあったとしてもこれじゃあ…。


さっきの爆発が3回目ってことは、もう残り2分を切ってる。

…どうする。

瓦礫が邪魔で直接ゴールポストが狙えねぇ。

…どうする。

既に手持ちのボールも無ぇ。

…どうする!!



「──コナンくーん!!」


必死に思考を巡らせていた俺の耳に入ってきたのは、よく聞き覚えのある…、

まさか…


「歩美!?」

「助けに来たよー!!」

「早く逃げろ…!爆発するぞ!!」


客席のところで立っている彼女が目に映り、早くこの場から逃げるように言えば彼女に続いて3人。

聞き覚えのある声が耳を通り抜けた。

□37.→←□35.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (76 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
596人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 工藤新一.江戸川コナン , 11人目のストライカー   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぱぴこ(プロフ) - 茜さん» ありがとうございます!!そう言っていただけると嬉しい限りです!!ぜひこれからもよろしくお願いします! (5月23日 20時) (レス) id: 9511f3d914 (このIDを非表示/違反報告)
- おおおお毎回お話が面白すぎて毎日楽しみです!頑張って下さい! (5月22日 18時) (レス) id: fc9bd81442 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぱぴこ。 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2019年5月18日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。