占いツクール
検索窓
今日:126 hit、昨日:431 hit、合計:80,539 hit

□22. ページ23

side change.


「毛利探偵へ…あれで終わったと思うな。次は前回よりもっと多い人がその場で爆発を目の当たりにし、恐怖の時間を共有する羽目になる」


ソファに座って手紙を読み上げる白鳥警部。

私は、朝から新一に当たってしまったことを反省しつつも蘭の隣にぴったりくっついて座った。



「詳しい指示は後日、…では健闘を祈る…」

「今朝、事務所の郵便受けにメール便が届いていて…それを取り出したらそのカードが…」


目暮警部は蘭の説明に「なるほど…」と腕を組んだ。


「あの、それって本当に犯人からなんですか?…もしかして、イタズラってことは…」

「いや、恐らくそれは無いだろう」


白鳥警部の説明によると、前に警察は暗号の内容は公表したけれど犯人が言った最後の言葉は伏せていたと。


『…健闘を祈る、』

「ええ、そしてこのメッセージの最後にも…」


つ…と白鳥警部がなぞったのは手紙に書いてある“健闘を祈る”という文字。


「クソ…ふざけやがって…」

「でもさぁ、今回は暗号は無かったね」


口を挟んだ新一。

…確かに、前回と違って暗号らしき文字は書かれてない。



「ええ…でもヒントにはなるわ」

「メッセージのこの部分、“次は前回よりもっと多くの人達がその場で爆発を目の当たりにし”…とあるのは、次はもっと多くの人が集まる場所に爆弾を仕掛ける可能性があると思います」


佐藤刑事に続いて白鳥警部。
的確な推理を説明され、私は納得するように頷きながら背もたれに背中を授けた。


「前回、東都スタジアムに集まったのは8万人…」

「ってことは、次は8万人以上が集まる場所ってことに…」


高木刑事が腕を組みながら考えるように目線を上にした時だった。

千葉刑事が「あぁっ!ありました!」とこの場に響く大きな声を上げた。


「どこだね、千葉くん!」

「あれです!あのポスター!…12月3日、汐留アリーナで行われる、人気若手歌手やグループが出演する───通常、10万人コンサート!」



千葉刑事が指差したのは事務所に貼ってあったポスター。…ヨーコちゃんが出るからと言っておじさんが貼ったものだ。

□23.→←□21.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (76 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
591人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 工藤新一.江戸川コナン , 11人目のストライカー   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぱぴこ(プロフ) - 茜さん» ありがとうございます!!そう言っていただけると嬉しい限りです!!ぜひこれからもよろしくお願いします! (5月23日 20時) (レス) id: 9511f3d914 (このIDを非表示/違反報告)
- おおおお毎回お話が面白すぎて毎日楽しみです!頑張って下さい! (5月22日 18時) (レス) id: fc9bd81442 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぱぴこ。 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2019年5月18日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。