占いツクール
検索窓
今日:145 hit、昨日:112 hit、合計:73,724 hit

9 ページ11

シャンクスが噛みついている間にも、Aは飲み続ける。

それを見かねたヤソップが料理を差し出した。



ヤ「おいおい、そんなに酒ばっか飲むな。ほら、なんか食え」

「ん、ありがとうございます」



もぐもぐと咀嚼し飲み込む。



「…美味しいです」

ヤ「そりゃ良かった。まだまだあるからな、いっぱい食べんだぞ」



さすが一児の父、完全に親目線で世話をしている。


酒が入っているからなのか、なんでも素直に受け取って口に入れる。

その小動物感に周りの船員も心を打たれ、次々と食べ物を与えるというループ。



シ「おい、俺にも付き合えよA!」

お前らばっかズリィ!


ほったらかされたのに痺れを切らし、シャンクスは呼んだ。

その声に反応し、Aは盃を持ち上げる。



「子供みたいなこと言わないでください」

シ「お前よりは大人だ!」



かちん、と盃を合わせた。







酒もまわり、暑くなってきたのでボタンに手をかける。

すると周りが騒がしくなった。



船員「お、おい!脱ぐなよ!」

「脱ぎませんよ!なんだと思ってるんですか私を」



いや、初日ほぼ半裸だっただろ…、という船員の気持ちなどつゆ知らず、ボタンを二つほど外す。


潤んだ瞳に、火照った体。


男だらけのこの船には、いささか刺激が強すぎた。



シ「だぁー!閉めろ!今すぐ上まで閉めろ!」

「やですよ。あつい」

べ「飲み過ぎだ。少し水を飲め」



ベンの差し出した水を受け取る。



ヤ「初めてなのに飲ませすぎなんだよ、お頭は」

「…まだ飲めます」



そう言ったAを見て、周りはぎょっとした。



シ「なんで、泣いてんだよ」

「…?泣いてませんよ?」



Aは何を言っているか分からないよな顔をして首を傾げる。


確かにAの目からは涙が溢れていた。

しかし本人はそれに気付いていない。



べ「…お頭、お子様を寝かしつけてきてくれ」

「お子様じゃないです!まだ飲むん…わっ」



シャンクスはAを抱きかかえ、軽い調子で言った。



シ「飲み過ぎたお子ちゃまは、もうお休みする時間だ」

「飲ませたのは赤髪じゃないですか!」




Aは降りようとしていたが、大の男に力で勝てるはずもなく、抵抗むなしく連れていかれた。

10→←8



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (86 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
388人がお気に入り
設定キーワード:ワンピース , シャンクス , 恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

竜胆 - 2人の本気の覇気食うパターンか…苦笑 だから…毎度毎度、覇気放つな!って文句言ってそうww (7月11日 18時) (レス) id: d86fd8d418 (このIDを非表示/違反報告)
YY(プロフ) - 竜胆さん» 覇気出して起こりそうw (7月11日 17時) (レス) id: 4125d393b1 (このIDを非表示/違反報告)
竜胆 - 感情的になって、多分この2人の前でこんな事言ったらタダじゃ済まなそうですが…これ言いたい私←w 何で見捨ててくれないんですか?私が囮になれば皆んなに火の粉が飛ぶ事は無いんですよ?って言ったらなんて言うかな←w (7月6日 1時) (レス) id: d86fd8d418 (このIDを非表示/違反報告)
YY(プロフ) - 竜胆さん» あー…すごい良いです。ガキがそんなこと心配すんな。俺達がそう簡単に負けるわけねぇだろ?って言いそうw (7月6日 0時) (レス) id: 4125d393b1 (このIDを非表示/違反報告)
竜胆 - 私が仲間になれば…あなた達には一切の手出しはしない。けど仲間にならないなら、お前の目の前で大事な奴がどうなるか分かるよな?そう言われたんです。って言ったらシャンクス何て言うのかな←w (7月6日 0時) (レス) id: d86fd8d418 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:YY | 作成日時:2020年1月27日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。