占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:36,460 hit

・私だけか?; ページ24

―――――


―――


風介サイド

Aを抱えて急いで病室に足を急がす

周りからの視線が強いがそんなこと気にしない

とゆうか…
軽すぎないか…?

ちゃんと飯食べているのか心配になってくる…

「南雲、晴矢さん」

今頃呼ばれたのか…
ずっと居なくて正解だったなっと内心思う

「ふ…風介!!て…A!!?」

どこからか声がするが気にせず走り続ける

「え!?スルー!?;」

階段をあがろうとしたら足がとまった

そう…肩を捕まれたのだ
風介:…なんだ?“晴矢”
晴矢:いやいやいや;なんだ?ちげーだろ!?;
俺が馬鹿みてぇじゃねぇ !;

…充分馬鹿だと思うのは私だけか?←

晴矢:てかAをなんで抱き抱えてんだよ!!
しかも病院の服…

風介:…後で話す
ところで晴矢…

晴矢:…あ゛?

風介:名前を呼ばれていたが貰いにいったか?

晴矢:あ?…ああ!
いや風介達を見かけてスルーしてしまったぜ!

…欲張って言えないだろ;

晴矢:しっかし今からどこ行くんだ!?

風介:決まっているだろ?Aの病室418号室だ

晴矢:あ…ああ!わかった!

―――――


―――


Aの病室を開けるとみゃくに二人とも来ていた

ヒロト蘭丸:A…!!
蘭丸:て…

晴矢蘭丸:蘭丸!!/南雲!!

風介:今はそういう場合ではない
蘭丸…なにがあったのか話しを聞かせてくれ

私が言うと二人とも真剣に蘭丸を見た

蘭丸:…あぁ…話すよ…


―――――

―――

コメントありがとうございます!!

宏香さん
百華さん

ありがとうです!

あ゛あ゛

てか明日テストだ…;

社会英語数学死んでるかもね…((

ではまた更新しますm(_ _)m

・三人との過去…→←・助かった…!?



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (241 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
23人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブンGO , 霧野蘭丸 ,
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 夜な月さん) そうですよね!! 皆さんのおかげで解決しました!(泣 ありがとうです!! (2011年7月18日 9時) (携帯から) (レス) id: bc6972e06d (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - みーさん) ありがとうございます!! はいそうですよね!☆ ほ…褒め言葉ありがとうございます!(泣 (2011年7月18日 9時) (携帯から) (レス) id: bc6972e06d (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 百華さん) やっぱり三人はそろわないとですね!(笑 (2011年7月4日 19時) (携帯から) (レス) id: bc6972e06d (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 宏香さん) はい!風介が助けてくれました!*+.(笑 主人公をたぶん死にさせませんので!m(_ _)m(( (2011年7月3日 19時) (携帯から) (レス) id: bc6972e06d (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 百華さん) はい;無理矢理入れちゃいました;(笑 エイリアメンバー好きなもんで(笑 (2011年7月3日 19時) (携帯から) (レス) id: bc6972e06d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2011年5月5日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。