占いツクール
検索窓
今日:207 hit、昨日:330 hit、合計:176,719 hit

第卅壱話 ページ33

貴方は陽口の家に入った
そしてある部屋に案内され、入ると両親がいた

『私は鬼を抹殺しに、この町へ来ました。
事情は全て陽口さんから聞きました。

私が陽口さんの代わりに踊子として出ます、
それを許していただけないでしょうか…?』

そう云い頭を下げた。
そして結果は…

陽口母「どうか、この町から苦しみを解き放ってください…。
お願いします…」
陽口父「本当に、ありがとうございますッ…」
と2人は礼を土下座をしながら云った

『まだ滅殺はしていないのでお礼は後ほどで大丈夫です。
では、早速やらせて頂きますが、大丈夫でしょうか?』
陽口母「はい…ただお祭りはいつも戌の下刻(弍拾壱時)なので、
それまでこの町を楽しんでくださいませ…

時間になる前に…そうですね、戌の中刻(弍拾時弍拾分)に帰ってくださると有り難いです」

貴方は少し驚いた。
本当に善いのだろうかと…そう云う疑問も出たが…

『解りました。それでは町を回ってみます。
時間になりましたらこちらに帰ってきますので、お願いします…』
陽口の両親と陽口は頷いた

そして貴方は家から出て町を回った…





現在の時間…6時半くらい
まだ約2時間位時間もある貴方は賑わう方へ行った。

気づけば外は暗くなっていた
町は光で灯っていた…

『凄いな…。(本当に被害がないように見える…)』
町のあちこちでは人が多くいて、楽しんでいた

男性「お?嬢ちゃんべっぴんさんだな〜!ここヘ寄ってらっしゃい!」
女性「お嬢ちゃん!こっちも寄ってきて!」
子供「お姉ちゃん!うちのお店も善いよ!寄ってみて!!」
と貴方は町では人気者になった…

『はい、ですがまた後ほどにさせて頂きます。
誘って頂き誠に有難うございます!』
と柔らかく微笑んだ…



『ふふッ…、優しい人たちだ…。
だからこそ、この町の人達を守らければ…(あの人達の笑顔を保つ為に…)』
そう考えていると…


ドンッ…!

『!?』?「!!」
貴方は誰かとぶつかってしまう
しかしぶつかった人は貴方を支えた…

『す、すみません(今日で何度目だろう…?)』
と少し心の中で疑問を抱いた貴方だった…

そしてそのぶつかった人物とは…?
それは……、

 
 
 

第卅弐話→←第卅話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (79 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
190人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , アニメ沿い , 愛され   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Fukumin(プロフ) - ミカゲさん» すすす、すみません!!間違えました!!ありがどうございます!!(汗 そしてこれからも頑張って行きます!今後もどうぞ、よろしくお願いします!! (12月26日 12時) (レス) id: 6726d13635 (このIDを非表示/違反報告)
ミカゲ(プロフ) - 初めまして!お話面白い作品でとても楽しんでいます!ただ、鬼滅隊ではなく鬼殺隊ではないでしょうか?もし、わざとであるのであればすみません(-。-;これからの展開も楽しみにしています!頑張ってください! (12月26日 11時) (レス) id: d7bb07a695 (このIDを非表示/違反報告)
Fukumin(プロフ) - 山さんさん» オチはまだ考えてないのでね〜…。どうなるかお楽しみに!!(私は炭治郎が好きです) (10月17日 19時) (レス) id: 6726d13635 (このIDを非表示/違反報告)
山さん - もうオチは逆ハーで終わった方が僕的には嬉しい← (10月17日 0時) (レス) id: 118fe0956f (このIDを非表示/違反報告)
Fukumin(プロフ) - (^-^)さん» 天元「おぉ!俺派手派手だなぁ!」義勇「…。俺は嫌われてない(キリッ」煉獄「わっしょい!わっしょい!!ありがとう!(^-^)! (10月14日 10時) (レス) id: 6726d13635 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Fukumin | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2019年7月24日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。