占いツクール
検索窓
今日:700 hit、昨日:776 hit、合計:124,468 hit

____55 ページ8

Tatsuya side.









「何?」









物珍しげに俺を見上げる彼女を見てると、やっぱ可愛いなと思ってしまう。




こいつこんな可愛かったか?

....って、そんなことじゃなくて。









「今年の5/4、どっちでやんのか母ちゃんが決めてこいって言っててさ」









今年も一緒に祝えると信じて疑わない俺は当たり前にどちらの家でやるかの返答が来る物だと思いながら彼女に問い掛けた。









「あ....そのことなんだけどね、」


「何?」


「今年から誕生日会なしでもいいかな、」


「え....」









フリーズしそうな頭を必死で動かして、彼女の言葉を必死で理解しようとした。









「無し、」


「うん。翔太くんがね、お祝いしてくれるんだって」









照れ臭そうに笑う彼女。

唯一の繋がりだった5/4が今、彼女の手によって断たれようとしている。









「....Aの誕生日、5/3じゃん、」


「そうなんだけどね、その日翔太くんバイトがあるから4日と5日に会おうって話してたんだよね」









ショックなのかなんなのか、頭が真っ白になっていく。









「だからごめん!おばちゃんにも言っておいてくれる?」


「そっ、か....分かった、言っとくわ、」









俺はヘタクソな笑顔を貼り付けてその場を取り繕った。






.






それからどうやって授業を受けたかも曖昧なまま勝手に一日が過ぎた。






1人の帰り道はやたらと考えさせられる。




5月ってだけで俺ん中では特別だった。

でも彼女にとってはそうでもなかったみたい。







Aのいない5月は何も綺麗じゃない。

輝いて見えたのはAがいたからなんだって気付いてしまえば余計に傷が深くなった。




家に帰ってからも放心状態で、正直夕飯も喉を通らなかった。

ダイニングテーブルに座り、箸を持ったまま食べるわけでもなくぼーっとしていると、母ちゃんが朝の会話の続きをしだす。









「で、今年はどっちでやるか決めたの?」









事情を知らないから、平気で傷を抉る。

俺が苦しんでいることも知らずに。









「決めてないの?」


「....無しになった、」


「え?」









小さな声で呟くと、母親は不思議そうな顔をした。









「....なんか、今年から好きなヤツに祝ってもらうらしいわ」









乾いた笑いを溢しながら事実報告をしている自分が虚しくなる。




あんなに好きだった5月を嫌いになりそうだった。





.

____56→←____54



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (352 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1317人がお気に入り
設定タグ:SnowMan , 深澤辰哉 , 渡辺翔太
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

cleam(プロフ) - 未憂さん» コメントありがとうございます!最後の最後に....えぇ?って感じですよね(涙)深澤くんのハッピーターン(?)楽しんでもらえてよかったです!渡辺くんにはいずれまた素敵な出会いがあることを祈りたいですね( ; ; ) (10月14日 23時) (レス) id: c295088e12 (このIDを非表示/違反報告)
未憂(プロフ) - ふぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!読んでて苦しくて『あぁ、これハッピーエンドにならないじゃない、絶対無理じゃない』とか思ってたのに急展開でハッピーエンドきてハッピーターンすぎて(?)胸がぎゅーってなりました。渡辺、君は付き合うまでに時間がかかりすぎだよ。 (10月13日 1時) (レス) @page36 id: 4bebd6c092 (このIDを非表示/違反報告)
cleam(プロフ) - nanaさん» お読みいただきありがとうございます!なべ担様が深澤くんに肩入れを....!深澤くんの苦しみを感じ取っていただけて嬉しいです( ; ; )たくさん苦しんだ分、深澤くんにはこれからたくさん幸せになってほしいですね( ; ; )! (10月4日 0時) (レス) id: c295088e12 (このIDを非表示/違反報告)
cleam(プロフ) - つばささん» ありがとうございます!自分で書いていて、渡辺くんにあまりに残酷な決断をさせてしまったなと反省しました( ; ; )(自担)でも深澤くんもたくさん頑張ったので、これからたっぷり幸せになってもらいましょう^^最後までお読みいただきありがとうございました! (10月4日 0時) (レス) id: c295088e12 (このIDを非表示/違反報告)
nana(プロフ) - こんにちは!一気読みさせていただいたのですが、ふっかが切なすぎて涙が止まりませんでした、、、わたしは渡辺担なのですが、今回はもうふっかに肩入れしすぎました(笑) (10月3日 2時) (レス) @page37 id: ee08cea7b9 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:cleam | 作成日時:2021年9月15日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。