占いツクール
検索窓
今日:28 hit、昨日:121 hit、合計:28,656 hit

【解決】 ページ25

3人で出かけた帰り道。
ふわふわと明るい気分で話しながら歩いていると正面から見覚えのある子が歩いてきた。



「ゴンさん、キルアさん!どうもっす。」

「おっ、ズシじゃん。」

「どうしたの?その大荷物。」

「師範代のお使いっす。このくらいへっちゃらっすよ!」



ズシ君が抱えていたのはたくさんの食品が入った紙袋。
そうか、まだ上のクラスに行ってないから近くに宿をとってるんだ。

ズシ君はゴン達と話しながらもチラチラこちらを気にしている。
そうだよね、闘技場に初めて来て以来会ってないもんね。
とっても気まずいけど2人との関係も再確認出来たんだ、あの時のことを謝るなら今しかない!



『あの、ズシ君。久しぶり...。』

「お、お久しぶりっす!ノワルさん。」

『あのね、この間というか...その、あの時怖がらせてごめんなさいっ!』

「い、いえ!そんな、ノワルさんが謝ることじゃないっす。むしろジブンが未熟だったから...。」

『ううん。あの時は浮かれてて軽い気持ちで怖がらせちゃった上に、その後も自分のモヤモヤと重ねちゃって、ふてくされて...なかなか謝れなかったのもごめん。』

「頭を上げてくださいっす!自分もよく知りもせずノワルさんのこと敵対視しちゃってましたから。でも、ゴンさんやキルアさんや師範代の話を聞いて、ノワルさんが悪い人じゃないって知ったっす。」



2人そろって頭を下げている光景にキルアがぷっと吹き出した。
ゴンもくすくすと笑っている。
もう!じつは結構気にしてたんだから。
2人に笑われてズシ君は何故か照れたように笑っている。



「ったく、ズシもノワルも神経質なんだよ。」

「まぁまぁ。でも良かったね、ズシもずーっと気にしてたじゃん。」

「ちょ、ゴンさんそれは言わないで欲しいっす!」

『そうだったんだ...。それじゃ仲直りというか、改めてよろしくね!』

「はい!もちろんっす!」

『それじゃ、ウィングさんにも謝りたいことあるし、それ持って帰るの手伝うよ!』



ゴン達とそこで別れ、ズシ君の荷物を半分もって宿屋へと向かう。
まだ少しぎこちなくなってはしまうものの、ズシ君との会話は楽しいものだった。
主にウィングさんについての愚痴が面白い。
割と抜けたところもあるんだ、あの人。

【解決】□←【約束】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (53 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
190人がお気に入り
設定キーワード:HUNTER×HUNTER , 幻影旅団 , H×H   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ユニ - 更新頑張ってください待ってます! (2018年12月4日 20時) (レス) id: f4bda40a71 (このIDを非表示/違反報告)
†NANA†(プロフ) - ページ11で、「強くなってほしい」が「強くなってほし」になっています。 (2018年10月21日 6時) (レス) id: 288d462176 (このIDを非表示/違反報告)
まっちー(プロフ) - 一からよみました!面白可愛くてハマった!更新まってまああああす! (2018年10月9日 17時) (レス) id: 32a67d59b8 (このIDを非表示/違反報告)
ゆともす(プロフ) - 主人公とっても可愛いですね(´∀`)更新待ってます〜 (2018年9月27日 3時) (レス) id: 0710793742 (このIDを非表示/違反報告)
スズリー - とても楽しく読ませてもらっています! (2018年9月26日 22時) (レス) id: d426f2b161 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ふぉれすと | 作成日時:2018年9月23日 4時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。