占いツクール
検索窓
今日:116 hit、昨日:13 hit、合計:32,024 hit

20 ページ21

「…あ」

轟「お」



お風呂を上がるといつかのように轟くんがソファに座っていた。

き、気まずい……さっきあんなことがあったばかりだし……自分の気持ちに気付いたばかりだし……



「今日は、髪、ちゃんと乾かしたのね」

轟「おう、お前も今日はちゃんとジャージ着てんだな」

「まあ、ね」


轟くんはいつも通りなのに私ばっかり気にしてるみたいで、ちょっともやもやする。



轟「今日は静かなんだな、癒月」

「んーちょっと今日は疲れちゃった」

轟「さっきは、悪ぃな」

「……気にしないでいいよ、大丈夫」




しん、と気まずい空気が再び流れる。


あ、ちょっと焦ってる轟くん可愛い(通常運転)



「じゃあ私部屋戻るね、おやすみなさい轟くん」


ソファから立ち上がって顔だけ彼に向けると轟くんに腕を引かれて私の体はまたソファに沈んだ。



「と、どろきくん、?」

轟「悪ぃ、手痛くねえか?」

「大丈夫だけど……どうしたの、急に」



私の手を握ったままじいっとこちらを見つめる彼に思わず視線を逸らしてしまう。



顔、赤くなっちゃう、やだ、



そう思って空いてる方の腕で顔を隠すようにすると轟くんは私の向かいに来て床にしゃがんだ。


いつも見上げるはずの轟くんを見下ろすのは新鮮だなあ、なんて考えているとぐいっと腕を避けられる



轟「隠すな、」

「やだ、やめて轟くん、顔、赤いから…!」

轟「顔、見てえ」

「っ……」



両腕の自由は聞かないし、恥ずかしくなるような言葉ばっかり吐く轟くんに思わずぎゅっと目を瞑る





轟「ッ…それは、ずりいだろ、」









唇に、一瞬、熱が伝わった

21→←19



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (71 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
165人がお気に入り
設定キーワード:僕のヒーローアカデミア , 轟焦凍 , 恋愛   
作品ジャンル:ラブコメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

aoilovexanxus(プロフ) - みょんさん» 8のところ二郎になってますよ?響香の名字耳郎では? (5月6日 15時) (レス) id: 6a6a043b0a (このIDを非表示/違反報告)
ひじき(プロフ) - ああっとここで急展開!だめだそれは轟くん!私の心臓が燃え尽きる!いやいっそ萌え尽きろ!この作品大好きです頑張って下さい! (5月1日 0時) (レス) id: b738279dda (このIDを非表示/違反報告)
ゆり。(プロフ) - ぐあああああああ!!くっそ可愛い!轟きゅんきゃわいいねとりあえず結婚しよ!!!!(うるさい)夢主ちゃんに共感のパラダイスが沢山でした。轟くんきゃわいい(口癖)ハーー王子様だけどお姫様で天使ですよね、轟くん。更新楽しみにしてます!これからも頑張って下さい! (4月30日 9時) (レス) id: 2a1f697cc9 (このIDを非表示/違反報告)
雨ノ宮紗綾(プロフ) - おし峰田、夢主ちゃんを縛った罪償え(暗黒微笑) (4月28日 0時) (レス) id: 5cc6892f6e (このIDを非表示/違反報告)
みょん(プロフ) - 雪どけ水。.゜さん» ゆくゆくは2人をラッッブラブにさせたいなあって思っておりますww これからもよろしくお願いします!! (4月26日 22時) (レス) id: 473f8c32f4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:みょん x他2人 | 作成日時:2020年4月22日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。