占いツクール
検索窓
今日:42 hit、昨日:120 hit、合計:38,652 hit

きゅう ページ9

「……これ以上は、言わない。言えない」

『……うん』



お茶をすすって、心を落ち着かせる。


貴方が笑ってればいいと思うくせして、貴方が欲しくてたまらない。

無欲なのに、強欲。



『まふは好きな子からチョコ貰えた?』

「鈍感なのか計算高いのか知らないけどどっちにしろ悪魔だねハニー」

『……ねえ、それって』

「す、好きな子からのチョコ目の前にあるのに取っちゃいけないっていう生き地獄を味あわされてるこっちの気持ちも考えてくださーい」



耳まで真っ赤に染めて、セロリで顔を隠す。

見ないで、って言うみたいに。そんなの見たくなっちゃうのにね。



『……まふ』

「……はい」

『好きだよ、』

「……」

『優しいところも、可愛いところも、意地悪なところも、全部すき』

「……ばか」



うー!って机に突っ伏したから、真っ白な髪から真っ赤な耳が見える。


ずるいよね、分かってるよ。

まふが自分のこと好きって知ってから告白したの、ずるいでしょ。



「……僕から告白したかったのに」

『私の方が1枚上手だからね』

「本命チョコ誰にあげんのかなってモヤモヤしてた自分が恥ずかしい」

『そんな風に見えなかった』

「そんな風に見えたらダサいでしょ」



まふがむくって起き上がって、目が合う。

照れ隠しみたいにお互いお茶をずずってすすった。


お盆の上に乗ったままの袋をつまんで、まふの前に差し出す。



『ん、ハッピーバレンタイン』

「……」

『本命ですが受け取ってもらえますか?』



そう言ったらりんごみたいに赤くなりながらえへ、って可愛く笑って。



「ねえマイハニー?」

『んふ、なあにダーリン』



いつもみたいに、でも、いつもよりもかっこよく。




「愛しの奥さんからの愛情を、僕が受け取れないわけないでしょ?」



そっと手を重ねて、天使は微笑んだ。






天使のほわいとちょこれいと 終.

あとがき→←はち



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (282 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
371人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , まふまふ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆゆ(プロフ) - 白兎さん» ほんとですか喜んd(((( (3月31日 11時) (レス) id: 689f20101f (このIDを非表示/違反報告)
白兎 - え、好きです愛してます結婚してくだs((( (3月31日 11時) (レス) id: aeb3c2ad36 (このIDを非表示/違反報告)
ゆゆ(プロフ) - あおさん» あああああありがとうございます嬉しいです禿げます!!私も好きですこれからもよろしくお願いします…… (3月10日 1時) (レス) id: 689f20101f (このIDを非表示/違反報告)
あお - あの、あの、すっごくよかったです!!好きです!!!(語彙力低下)他の作品もみさていただいてます…!これからも応援しています!! (3月10日 1時) (レス) id: 9f469afe02 (このIDを非表示/違反報告)
ゆゆ(プロフ) - ありがとうございます、私と一緒に打ち付けましょう(!?) (2月26日 22時) (レス) id: 1ae9e757ea (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆゆ | 作者ホームページ:NO  
作成日時:2020年2月15日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。