占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:4 hit、合計:11,386 hit

11★ ページ11

『じゃぁ〜コーヒー入れておくから顔洗って来てくださーい!』って言われて洗いに行き戻って来ると

レッスン用のスウェットとパーカーとか用意しておいてくれてる
それに着替えてダイニングテーブルでコーヒーを飲みながら

『今日は0時回ると思うから先に寝てなさいね?』


『うん わかったぁ〜っ 私は今日から3日間は遅番だからね〜』とか話してたら“ピンポーン”って潤くんが迎えに来たから



あずの唇にいってきますの“チュ”をして楽しみなハンバーグサンドを持って玄関を出ると


『おっ! 何持ってんの?』って潤くん


『うふふ♫ ハンバーグサンドぉぉ〜♫』


『それはそれはご機嫌ですな〜♫』


『うん♫ 潤くんのレンジ貸してね〜(笑)』


『俺専用ってわけじゃねぇ〜し(笑)』


『くふふふ♫』なんて末っ子と“イチャイチャ”しながらマネージャーの迎えに来た車に乗り込み

用意されてた昆布のおにぎりを食べながらレッスンへ向かった

*12 M side*→←10★



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
29人がお気に入り
設定キーワード:二宮和也
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:*-eni-* | 作成日時:2017年10月26日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。