占いツクール
検索窓
今日:181 hit、昨日:260 hit、合計:197,161 hit

98/最適か。 ページ48

*

 かといって、いくら総統からの言でも、おいそれと首を縦に振れる案件ではない。
私は緊張を無理矢理抑え込みながら、彼の目から視線を外さずにこう返した。

『……何故、私なのでしょうか。総統閣下』

 総統に名を呼ばれ、それに返答した私の姿を認識した幹部方はざわりと色めき立つ。

「何故、か。そんなもの君が一番よく分かっているんじゃないか?」

『……確かに。ですが条件に当てはまる人物は何も、私のみではないかと思われますが』

「そうだな、それもそうだ。……しかし、君自身がもし了承してくれるなら、君が最適だと思っただけだ」

 総統はそう言うけれど、果たして本当に私が"最適"なのかどうかは分からない。
条件だけでいえば確かにかなり優秀な候補だろうが、私の微妙な立ち位置のせいでデメリットはどうしても生まれるだろう。

『……少々、考える時間をください。それから――』

 興味と不審と困惑とがないまぜになった視線をいくつも受け止めていては、流石に居心地が悪い。

『――皆様に誤解がないよう、きちんと説明してさしあげてくださいませんか。総統閣下』

 初めから、この場で彼らに暴露するつもりだったんでしょう、と言外に含ませつつ。
尚も面白いものを見るように目を細めるグルッペン総統に向けて、私は小さく微笑み返した。

「……笑った」

「ええと……グルッペン、流石に人工知能と行こうって訳じゃないやんな?」

「当たり前だ」

「じゃあ、つまり――」

「あぁ、彼女は人間だよ」

 話の流れから何となく察し始めていた幹部方も、改めて総統の口から言われると皆息を呑んだ。
ゴク、と唾を呑み込む音、マジか、と小さく呟いた声も耳に届く。中でもゾム様は、私を真っ直ぐに捉えて腰を浮かせた。

「ゾム、やめ。彼女は敵とちゃう」

「……ん」

 トントン様に静かに制され、彼はぶっきらぼうに返事をして再び腰を落ち着ける。
やがて彼らの視線は、部屋の最奥に座る彼へと向けられた。

「細かい事情は省く。率直に言うと彼女は、北の国ディエグナンテの第一王女。今は我々の保護対象だ」

 次々と投下される爆弾に幹部方は様々な反応を見せながら、視線をグルッペン総統と私との間で彷徨わせていた。

*

99/デメリットは、→←97/灯台下暗し。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (176 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
459人がお気に入り
設定キーワード:実況者 , ○○の主役は我々だ! , 夢小説
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

江之子(えのこ)(プロフ) - ささん» 初めまして、コメントありがとうございます。最新話のみならず読み返しまでしていただけるとは…。どうぞ、これからも長々とこの作品をご愛顧してもらえたらと思います!応援感謝です。 (2017年6月6日 16時) (レス) id: d4b2bfad59 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 初めまして。えのこ様のお話が大好きです。最新話を追いつつ初めから読み直しては楽しませてもらっています。これからも応援しております! (2017年6月6日 15時) (レス) id: 91a8ff52f5 (このIDを非表示/違反報告)
江之子(えのこ)(プロフ) - ahirudokuro112さん» コメントありがとうございます。毎日気にかけてくださるほど印象を残せたこと、一書き手としては嬉しいばかりです。それをこうして文字にして伝えてくださったことをとてもありがたく思います!今度とも、どうぞよろしくお願いします。 (2017年6月4日 0時) (レス) id: 7dbb78881f (このIDを非表示/違反報告)
ahirudokuro112(プロフ) - 初めてコメントさせてもらいます。いつもとても楽しく読ませて貰ってます。気づけば毎日朝と夜に更新されてないかチェックするのが日課になってます笑。ぜひこの気持ちをお伝えできたらとコメントさせていただきました。 (2017年6月3日 23時) (レス) id: f8fb3df520 (このIDを非表示/違反報告)
江之子(えのこ)(プロフ) - 井戸らさん» コメントありがとうございます。私の場合、気が付いたらこんな文体になってまして、くどいかな…とドキドキしながら書いてる面があるのですが…。それを褒めていただけるのは何より嬉しいです。今後もお楽しみに! (2017年5月27日 23時) (レス) id: 7dbb78881f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:江之子(えのこ) | 作成日時:2017年5月22日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。