検索窓
今日:142 hit、昨日:506 hit、合計:112,238 hit

#自分を偽りながら。 ページ13

*

ab

「こんなの似合ってないよ、俺たちが切ってあげる。笑」

切ってもらったばっかの髪にハサミを入れられて、

バサバサと地面に落ちて行きぐしゃぐしゃになる。

そんな自分の姿を見て、ボロボロと涙をこぼす。



ab「はぁっ、はぁっ、はぁ、、夢、、か、、」

バサッと目を覚ますと外はもう明るい。

それでも、時計の針はまだ6を指したばかりの時間だ。

もう一眠りしたいところだけど眠れなくて、

リビングに行けば美味しそうな香りに包まれている。

dt「おはよ、今日は講義空きなんでしょ?もう少し寝てても良かったのに。」

そんな俺よりも先に起きているのは、

毎朝みんなの朝ごはんを作ってくれる舘さん。

ab「なんか目が覚めちゃって、、」

dt「そっか、なにか飲む?」

ab「うーん、、コーヒーでいいかな、、」

dt「了解、ソファでゆっくりしてて。」

テレビをつければニュースをしている。

良いニュースや悪いニュースをBGMに、

ソファに置いてあったクッションに顔を埋める。

nb「りょぉた、おはよぉ、、ふわぁぁ、」

dt「あれ、いつにも増し増しで早起きだね。」

寝ぐせボッサボサで起きてきたのは、

この家で飛び抜けて寝坊助の翔太。

今日、、雨でも降るのかな、、

と、スマホを手に取り天気アプリを開く。

快晴、、、降水確率は0パーセント、、

dt「今日バイトでも入ってたっけ?」

nb「いや、阿部ちゃんを誰かに取られる前に誘っときたくて。」

ab「おれ、、?」

まさか変なところに連れ出されるとか、、?

nb「ちょっと俺の買い物付き合って、昼メシは奢ってあげるから。」

そんな俺のお誘いに1番に乗ったのは、

dt「それは助かる、お昼作らなくて済むから。」

俺たちのお昼ご飯を作ろうとしてた舘さんで。

今日、勉強しようと思ったけどたまには息抜きでいいよね、、

ab「うん、いいよ。」

nb「よっしゃ、じゃあもう一眠りしてる!朝ご飯出来た頃に起こして!」

なんてこと言って、部屋に帰ろうとした翔太は、

dt「せっかく早起きしたんだから、たまにはお手伝いして欲しいな〜?笑」

いとも簡単に幼なじみに捕まって渋々洗濯物をすることに。

俺はみんなを起こそうと2階に上がり、

照、佐久間は意外と簡単に起こせたけど、、

fk「阿部ちゃんも、もう少し一緒に寝ようよ〜。」

ab「もうすぐ朝ごはんできるって、、!」

fk「いいからいいから〜!」

俺を抱き枕にして離さないふっか。

この後、舘さんにみっちり怒られてました。

*→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (219 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1124人がお気に入り
設定タグ:snowman , 阿部亮平 , 絆系
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

淘蒼toa(プロフ) - 不器用ながらも翔太くんなりの愛で溢れている渡辺翔太、、、たまらん。笑 お忙しいとは思いますが、投稿頑張ってください、応援してます! (7月3日 21時) (レス) @page9 id: 1316baeae3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:えのきたけ | 作成日時:2022年6月26日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。