占いツクール
検索窓
今日:64 hit、昨日:41 hit、合計:7,542 hit

二話【政府】 ページ3

長義「どうやら随分とご機嫌だね。」




仕事をしていた時に話しかけてきたのは長義さん。




『え?そうですか?』




長義「何か良い事でもあったのかな?」




『特にこれといった事はないんですけど…やっぱり刀剣の皆さんと仲が深まるのは嬉しいなって…。』




へへ、と笑うと、長義さんに鼻で笑われた。何故。




長義「君は俺達が何かやらかしても怒らなさそうなくらい俺に甘々だね。」




そんなことない、という前に一枚の手紙を渡された。




長義「…政府からだよ。」




ひゅ、と喉が鳴った。




政府から改まって手紙なんて珍しいってレベルじゃない。




それに…政府は…。




『…ありがとう、ございます…。』




長義「…用はこれだけだ。見られたくない内容もあるだろうから俺はこれで失礼するよ。」




『待って。』




私は咄嗟に長義さんの服の裾を掴んだ。




『怖いんです、一緒に居てくれませんか…。』




長義「……君がそれでいいなら。」




恐る恐る手紙を開けると、内容は簡潔に綴られてた。




三日後、そちらへ伺う。




長義「…政府がここに…?一体何の用かな…?さなえの時も数え切れるほどしか政府はここに来なかったが…。」




『……嫌な予感しかしませんね…。』




長義「…その場には誰が同席するんだ?」




『…長谷部さんと山姥切さん、おふたりを。』




長義「……そうかい。」




そう言い残すと長義さんは部屋を出て行ってしまった。




『はぁ…。』




それにしても…政府か…。




ここに来るだなんて、対策なんて立てられないし…。




よし、今は何も考えないようにしよう。




燭「主、おやつ出来たよ。」




『!!食べます!ありがとうございます!』







━━━━━━━━━━━━━━━





"怖いんです、一緒に居てくれませんか…。"




長義「(全く…頼る事を覚えた彼女は恐ろしいな…。)」

三話【うさぎさん】→←一話【新しい季節】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (55 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1301人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 女審神者 , おむらいす星人
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

おむらいす星人(プロフ) - 薪宮 華さん» コメントありがとうございます!これからも更新頑張ります!! (2月23日 10時) (レス) id: f5ed810082 (このIDを非表示/違反報告)
薪宮 華(プロフ) - この作品大好きです!更新頑張ってください! (2月21日 17時) (レス) id: 83008217ab (このIDを非表示/違反報告)
おむらいす星人(プロフ) - あいりんごさん» コメントありがとうございます!私もコメントして下さる方が居て嬉しいです!これからもよろしくお願いします! (2月19日 0時) (レス) id: f5ed810082 (このIDを非表示/違反報告)
あいりんご(プロフ) - めちゃめちゃ大好きな作品だったので続編が出て嬉しいです!! (2月19日 0時) (レス) id: 1a90825dd7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:おむらいす星人 | 作成日時:2020年2月18日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。