占いツクール
検索窓
今日:181 hit、昨日:224 hit、合計:178,680 hit

1話 ページ3

『行ってきます。』

誰もいない部屋にぽつりと呟く。

嗚呼また憂鬱な日々が始まる。

?「でさー‪w」

?「みんな!待って…」

一回止まる。

何故かって?

人気者を嫌っているからさ。

しかもあの中には,私を裏切った張本人がいるんだからね?

行くわけないでしょ‪w

人気者が見えなくなったところで,私は人気者とは違うルートを通る。

これもいつもの事だ。

もう一人で行くなんて慣れっこです。

話しかけられる訳では無い。

私が人気者の隣を行くことを拒否してるからだ。

今私の後ろが,人気者だ。

休み時間なんがうるさくて仕方ない。

本当に…羨ましい限りです(嫌味)

2話→←Prolog



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (58 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
251人がお気に入り
設定キーワード:恋愛 , すとぷり , 歌い手   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年5月1日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。