占いツクール
検索窓
今日:18 hit、昨日:39 hit、合計:5,598 hit
あれは冬がそろそろ終わり、春を迎える前の季節のことだった。


『なっ…、これは…!!?』


駆けつけた鬼殺隊の隊士が目にしたのは酷く残酷な光景だった。


血を流して倒れている仲間と一人の柱。そして、血の海の中にポツンと立つ少女。


『あ、貴方が…貴方が私達の仲間と氷柱の碓氷様を…!!』


鬼殺隊士が震えながらもその少女に刀を向ける。


『……。』


少女が鬼殺隊士の方にちらりと目線を向けたかと思うと、すぐに外し、何も言わずに刀を鞘におさめる。


そして少女は窓際へと足を進め、しんしんと降る雪をただ静かに見つめていた___執筆状態:完結




















































おもしろ度の評価
  • Currently 8.94/10

点数: 8.9/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
20人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:柚乃 | 作成日時:2021年9月20日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。