占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:31 hit、合計:17,762 hit

拾弐頁 ページ12

銃声、銃声、銃声。


近付く程大きくなるその音は、屋敷の周辺から聞こえていた。

近くの林に隠れ、様子を見る。


「派手な爆発痕。あの爆発のど真ん中に入れて貰えれば、苦しまずに吹っ飛んで死ねたんだろうなあ……」


「そうだな。こんどためすか?」


「本当?でも兄さんこの前爆弾と羊羹を間違えてなかった?」


その羊羹は兄弟で仲良く食べ、何故かものすごく美味しいものだったからよく覚えている。


「……??」


「あ、やっぱいい」


首をかしげる修治の姿に、今度は饅頭でも持ってきそうだなと予想する。

否、絶対持ってくる。


「……偽餓鬼も自 殺願望だったのかよ。似てねぇと思ってたのに変な所似てんだな」


「…?じさつがんぼうってなんだそれ??」


「………………何でもねェ」


小学生かよと思いつつ、屋敷に視線を戻すと武装した男…恐らく襲撃犯だろう、が屋敷の壁から吹き飛ばされてきた。


「どんぱち…だったか?してるなぁ」


「そうだね、流石準幹部…と云うより、蘭堂さんの異能に対して敵の武装がお粗末過ぎるね」


「助けに行くか?」


「行くにしても、先ずは相手の所属と作戦規模を知らないことには……」


不意に、修治が弾かれたように振り向く。


そして、恐怖に感情を支配されて震えた少年のような声で云う。


「……ひっ…!!に、兄ちゃん。こわい…ひと、が…!」


その声で全てを察した太宰は同じように震え、両手を上げて後ろを向く。



そこには銃を構え、標準を太宰に合わせた男が立っていた。


__

拾参頁→←拾壱頁



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (31 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
96人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ロト - よみさん» コメントありがとうございます。面白いと言っていただけてとても光栄です。続きが気になる作品だったなんて本当に嬉しい誉め言葉です。ありがとうございます! (1月7日 13時) (レス) id: 84710b8cd8 (このIDを非表示/違反報告)
よみ - 受験頑張って下さいね。とても、面白くて、続きが気になる作品だと思っているので、早く二月になれ!っと祈りながら、更新お待ちしております。 (1月6日 17時) (レス) id: 587f0ad974 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ロト | 作成日時:2019年8月1日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。