占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:3 hit、合計:819 hit

幻想入り ページ2

俺はゲームセンターから何故か落ちた。その後、

トウキ「ったく、誰だよ、こんなところに落とし穴作ったのは」
ここはどこだ?俺は見知らぬ森にいた。
あれ?さっきまでゲーセンにいたはずなのに
と思っていると、後ろから殺気が来て、戦闘態勢になり、後ろをメリケンサックで殴った。
すると、

???「クッ!」

見知らぬ少女に当たった。
そして俺は

トウキ「さっきの殺気はテメェか?俺に喧嘩売ったのなら覚悟しろよ?」

といい、追撃をかました。
すると、その少女は、

???「いたい!」

といった。俺は許す気はなく、さらに蹴りを入れた。

???「ガハッ!」

その少女は強い蹴りをくらい、地面に叩きつけられた。
まだ立つか、と思って、

トウキ「俺を殺そうとして、ただで帰すとでも思ったのか?」

といった。その少女は泣きながら

???「助けて...助けて...食べないから助けて!」

といった。だが、俺は

トウキ「はいはいそうですか、本当に助けてほしいのなら初めからやってねえよなぁ?」

といい、トドメを刺そうとしたところ、

???「夢想封印!」

邪魔者が入った。俺は交わした。その後、

トウキ「そいつに殺気を放たれたんだ。だからこうなって当然だ、それにお前には関係のないことだ。」

と俺は言った。そこの大人の女性は

???「もう許してあげなさい!ルーミアはもう戦意喪失してるわよ!」

といった。そのルーミアという奴は

ルーミア「霊夢...」

その大人の女性の名前を言った。そして、俺は

トウキ「ルーミアと霊夢か、嫌と言ったら?」

といった。霊夢は

霊夢「じゃああなたを退治するわよ」

といった。お互い戦闘態勢に入った時、

???「辞めなさい!」

と、如何にも強そうな気配の女性が時空から現れた。

俺が思っていた疑問が解けると

トウキ「おい、森に落としたのはおまえか?よくもやってくれたな?」

と俺は言う。その女性は

???「まって、話があるの!聞いて!」

と俺に言った。流石に許すことにした。
すると、霊夢は

霊夢「まず、あなたは誰?」

と聞いてきた。俺は答えた。

トウキ「俺の名は黒川トウキ。どこにでもいる不良だ。」

黒川トウキ→←ドンダフルコンボ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定キーワード:東方Project , 幻想入り   
作品ジャンル:アニメ, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

小説読者 - いつまでも続きそう (1月17日 14時) (レス) id: 346b27a06d (このIDを非表示/違反報告)
zorockjsg(プロフ) - クズな性格はいつまで続くんでしょうね? (1月16日 23時) (レス) id: 568919da6b (このIDを非表示/違反報告)
Bさん - リアルの不良でもあんなことしねぇよ (1月16日 23時) (レス) id: a1e2aa1116 (このIDを非表示/違反報告)
小説読者 - 主人公が2話になってもクズなせいでマジでどう好きになればいいか分からない (1月16日 0時) (レス) id: 346b27a06d (このIDを非表示/違反報告)
BBB - 主人公クズ過ぎて草 (1月15日 18時) (レス) id: a1e2aa1116 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゾローク | 作成日時:2021年1月12日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。