占いツクール
検索窓
今日:35 hit、昨日:39 hit、合計:15,015 hit

第3話 彼女の強さ ページ5

夏油side



初めて見た時から彼女は何処か変わっていた。
五条悟という傍若無人を前にしても冷静で家入硝子はマイペースで余り笑わないけれど彼女 八千草Aは全くと言っていいほどニコリともしない。


「五条悟は凄い人。
彼は何時か『最強』になるよ」


五条悟の術式を何も知らない私に軽い説明をすると投げやりにそう言葉を述べた。それ以上の会話はせず無言で一階から順に回っていく。


「後ろ!」


背後に居た──恐らく二級の呪霊が彼女に思い切り腕を振るう。
軈て轟音と共にコンクリートが割れ煙を立てた。


「……ックソ!!」


彼女が無事である訳が無い。
コンクリートは割れ生きていたとしてもボロボロの筈だ。直ぐに祓って彼女を助けなければ


「背後に居ると気付いたら直ぐに祓わないと」

「!」

「何してるの?」


視界が晴れた時、無事では無いであろうと思っていた八千草Aは無傷で呪霊を踏み付け悠々と立っていた


「行動が遅い。もっと早く呪力を感知しないと………次は死ぬよ」

「あ、あぁ…気を付けるよ」


言い訳するつもりは無いが此方は少し前まで素人だったんだ。其方の常識を持ち出されては困ると正直感じたが文句を言える立場にも無い。今のは彼女に助けてもらったのだ。


「…ん、五条が全部祓ったみたいね」


不意に上を見た彼女は太腿からあるスリットスカートから露出している太腿に装着した武器ホルダーから『鞭』を取り出し振り下ろし呪霊を祓った。


「…凄いね」

「?」


彼女は本当に訳が分からないと言った様子で首を傾げた。

第4話 術式の開示→←第2話 任務での対話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
88人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 夏油傑   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

卯月@スイ(プロフ) - ナッツさん» コメントありがとうございます!!がんばりますね! (1月20日 7時) (レス) id: 6ffd6a43ea (このIDを非表示/違反報告)
ナッツ(プロフ) - ニヤニヤしながら見てしまいました(^^)更新楽しみにしていますっ! (1月19日 22時) (レス) id: 528660073f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:卯月@スイ | 作者ホームページ:http://weareasas  
作成日時:2021年1月14日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。