占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:0 hit、合計:9,038 hit

風邪(トミー) 2 ページ2

「…A?」

ぼーっとしながら目を開けると
何処からか声が聞こえる

ベットの辺りを見回すけど誰もいない

おかしいな…と思っていると
キッチンからひょこっと、顔がのぞいた

見慣れた笑顔 私の大好きな人

「と、知義!?な、なんでいるの!?」

「いや、待ち合わせ場所行ったんだけど
なかなか来ねぇから、珍しいなぁって思って
家まで迎えに来たら、鍵空いてるから入った」

ベットで横たわる私に近寄り
あの大きな手で私の頭を優しく撫でる。

「え、でも私、熱出たから行けないかもって
連絡したでしょ?」

「うそ、来てなかったけど?」

不思議そうな顔をする彼を見て
私も不思議に思い携帯を開くと

送信ボタンを押し忘れたであろう
画面が出てきた。

「あの…その…えっと…結構待ったんじゃ…」

待ち合わせなどに彼が遅れることはないと
知っていたので、恐る恐る聞く

もしかして、ずっと私のために
待っていてくれたんじゃ…

申し訳なさで胸がいっぱいになり
それ以上は何も言えず、彼の瞳を見つめていると

「30分くらい、Aいっつも
時間通りに来てるから
おかしいな、と思ってそのまま家に迎えに来たから
それに、遅れるならAが
そーやって連絡くれるの、知ってるから」

私の携帯画面を人差し指で数回叩き
ふっと笑った

「えっと…本当、ごめんね、
あの映画ずっと見たいって言ってたのに…」

「いいって、今は映画なんかよりAの体調のが
大事でしょ?それに、俺は…」

「…え…なに?」

「なんでもない」

「なに?なんでもないなら言ってよ!」

ベットから上半身を起こし、彼に自分の顔を近づけ
ると、ため息をつき、少し下を向きながら


「……Aと一緒にいれるだけで良いから」


そうボソッと言って、私の額に軽く唇を落として
近くにあったクッションを
私の顔にボフッと優しく押し当てた

「え、ちょっと、知義?今なんて言ったの!?」

本当は聞こえたけど
また、彼のその言葉が聞きたくてそう言うと

「うるさい」

と耳を少しだけ真っ赤にして
キッチンの方へ戻って行った

「おかゆ、食べれるよね?」

そう、背中を向けながら言う彼に
私は微笑みながら頷いた。

END

風邪 (カンタ) 1→←風邪(トミー) 1



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (34 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
76人がお気に入り
設定キーワード:水溜りボンド , YouTuber , YouTube   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

マリン - シンデレラの話すごく良かったです!あとリクエストなんですけど、カンタくんとみんなには秘密で付き合ってる設定の話が見てみたいです!出来たらでいいのでお願いします! (4月30日 19時) (レス) id: f743f30378 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 最高過ぎました!!トミーさんのもっとみたいです!! (4月22日 17時) (レス) id: 5fbdf69980 (このIDを非表示/違反報告)
ふなっちぃ(プロフ) - 匿名さん» コメントありがとうございます。すぐに対応させていただきました。 (4月22日 16時) (レス) id: 7686772828 (このIDを非表示/違反報告)
匿名 - この作品はオリジナルフラグ対象作品ではありませんのでオリジナルフラグを外してください。 (4月22日 16時) (レス) id: 34346084b5 (このIDを非表示/違反報告)
黄色 - 良かったです。これからも頑張ってくださち (4月22日 16時) (レス) id: 2a718ccb0f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ふなっちぃ | 作成日時:2017年4月20日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。