占いツクール
検索窓
今日:856 hit、昨日:928 hit、合計:237,076 hit

Episode 11 ページ11

.







「如月さん、お疲れ!」

『和賀さん...!お疲れ様です』


バボちゃんを脱いで裏口から出ると、和賀さんが待っていてくれた。



「どうだった?初日は」

『苦労はありましたけど、楽しかったです!』

「そっか!良かったなぁ」


にっこり微笑む和賀さんのえくぼが可愛い。




『あの、和賀さん、トイレ、行っていいですか...』

「あぁ!そそうだよね、ごっ、ごめんごめん。そそそそそこの角右に曲がったらトイレあるよ!」

『ありがとうございます...!』



和賀さん女慣れしてないのか、すぐ照れるなあ、可愛い。(可愛いしか言ってない)

それにしても、なんで私は緑茶を飲んでしまったのか。トイレ行きたくなるのも自業自得だわ。

反省点は次に活かす!頑張れ如月!




そう心に誓ってトイレへ走り出した。









(如月さんめっちゃ走るやん...)


和賀さんがこんなこと思ってたなんて知らない。






.









(ふぃ〜スッキリしたァ...)


やっと肩の荷が降りた、そう思って気を抜いて歩いているとまさかの




ドン。






衝突。









.









『ゆ、ゆゆゆゆ祐希さん...!?』


「...」







誰かと思ったら、祐希さんやないかーい!!

しかも下の名前しか知らんからなんかやましいやつだと思われてそうなんだけど...。




「...全日本ジャージ?」

『...あ』


和賀さんに頂いたJAPAN!とでかでかと書かれたジャージを着る私に眉をひそめるユウキさん。



『えと、あの、その、』

「関係者の方ですか?そのジャージはそれ以外は着れないはずのものなんですけど...関係者の方でしたら、すんません」



ウワアアアァァァァアアァめっちゃ疑われてる。

いやどうする?考えろ如月。



バボちゃんの中身です!と言うべきか?

うん、これは絶対に怒られる。即解雇だろう。


でもこのままだとユウキさんに誤解されたまま、それだけは避けたい。






「うぇ?バボちゃんの中身?」

『...は、』







...うん?今なんて仰った?


私、そんなこと一言も





「いや声にでてたし」


終わった(白目)


声に出てたよ、なんて夢小説の世界の事だと思ってた。






「そーなの?中身なの?」

『ヴ、うぅ...』



ずいっと顔を近づけられて思わず退く。

というかあんた(失礼)も顔キレイだな!!!





『...はい、そうです』


「へー!」




言っちまったよ。

やっちまったよ。

see you again。

Episode 12→←Episode 10



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (540 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1735人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

みずき(プロフ) - お受験ファイトです!!体調お気をつけください! (6時間前) (レス) id: 44babae821 (このIDを非表示/違反報告)
かしぱん(プロフ) - 頑張ってくださーい!! (10時間前) (レス) id: fa833fd2b4 (このIDを非表示/違反報告)
なつなつき(プロフ) - ずっと待ってます! (1月23日 0時) (レス) id: 0034c747bb (このIDを非表示/違反報告)
なお(プロフ) - 私も受験生なんですけど大変ですよね!第1志望合格できるように頑張りましょ! (1月22日 23時) (レス) id: c8f620b46a (このIDを非表示/違反報告)
くるみ - いまでも更新楽しみにしてます! (1月18日 18時) (レス) id: 59eb781c8f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:らーゆ | 作成日時:2019年10月19日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。