占いツクール
検索窓
今日:144 hit、昨日:141 hit、合計:146,210 hit

101 ページ11

「何、飲ませたんですかっ…」



コホコホと軽く咳き込み、喉を落ち着かせる。
この人本当に酷い。あまりにも無理やりすぎる。

口移しなんてせずとも飲めと言われれば、仕方なく飲んだかもしれないのに一方的すぎ!
まぁ…飲まないかもしれんけど。



「さぁな」



少し怒りが湧いた。
人に説明もなく飲ませておいてそれはないだろう。酷い…酷すぎる…



「俺に落ちろよ?A_____」




落ちるもんか。絶対帰ってやる。
みんなの元に、絶対_____________









「……………ぁ…はぃ」




自分の言ったことが信じられない。


え、私今返事した?何に対して?



「ハハッ…それじゃあな」




銀髪の髪を揺らし、この場を後にした彼の背を見つめる。

おかしい。



おかしい。



私の頭狂ってる。思考回路がショートしてるようだ。

だって今私、彼の背中を見て




寂しいと感じてる。





「…やだ…違う……」



私が今最も会いたいのは零くんたちだ。
ついさっき出て行ったジンのことなんかじゃない。
違う、違う違う!!




「……ぅ…あ"」




ズキズキと痛くもなかった頭が痛くなる。
やっぱりさっき何か飲まされたんだ…錠剤を。




「しんど…」



寝よう…頭が痛くてテレビを見る気もしない。


彼と眠っていたベッドに横たわる。

身体は無意識に彼が眠っていた場所のシーツや掛け布団を抱きしめていた。



気持ちいいとさえ感じてる私がいる。









私の中で何かがひび割れていく音がした。

102→←100



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (156 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1118人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 降谷零 , ジン
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しのはら(プロフ) - 明里香さん» また後日直します。わざわざありがとうございました。 (6月15日 20時) (レス) id: 7f2dfd99c3 (このIDを非表示/違反報告)
明里香(プロフ) - 137話にも誤字がありました。「息の根を引き取った」ではなく、「息を引き取った」です。 (6月15日 18時) (携帯から) (レス) id: 85d4df75a2 (このIDを非表示/違反報告)
明里香(プロフ) - 136話に誤字がありました。「本人に入ってない」ではなく、「本人には言ってない」です。 (6月15日 18時) (携帯から) (レス) id: 85d4df75a2 (このIDを非表示/違反報告)
しのはら(プロフ) - ゆーきさん» なぜに笑すきだと言ってもらえるととても嬉しいです!ありがとうございます(^-^) (6月3日 23時) (レス) id: 7f2dfd99c3 (このIDを非表示/違反報告)
しのはら(プロフ) - 明里香さん» 明里香さんたくさんのご指摘ありがとうございます。降谷姉の会えない日々、×されない日々はすぐに直してきますが、囚われの方は更新と一緒に直します。多く間違えててすみません汗 (6月3日 19時) (レス) id: 7f2dfd99c3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しのはら | 作成日時:2019年5月25日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。