占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:4,679 hit

ページ21




 声を掛けて来たのはやはりこの店の店長で、Aと簡易的な挨拶を交わす。


「ビーナスの支配人がこんな街の外れまで……。どうかしましたか?」

「気が向いただけよ」

「それは光栄です」


 スっとカウンターから出されたグラス。まだ頼んでないわよ? と首を傾げるAにサービスですとスパークリングワインを差し出された。


「私の顔を立てると思って」

「じゃあ有難く頂くわ。あぁごめんなさい。彼はお酒飲めないの」


 二個目のグラスを素早く断ると、渚には代わりに炭酸飲料を差し出した。

 ワインを一口飲んで、Aは視線だけで店内を見渡す。客層、店の雰囲気、視覚だけでなく、感覚も聴覚も研ぎ澄まし、得られる情報を得る。


「お店は随分繁盛してるのね。スタッフは足りてるの?」

「何とかやらせて頂いてます。あぁそうだ」


 店長が店内をくるくると忙しそうに回る彼女を手招きで呼ぶ。先程出迎えてくれた彼女しかスタッフはいないのだろうか。


「紹介します。ウチの従業員のレトカです」

「え? 店長、急になんです?? あ、さっきのお客さん! こんばんは〜レトカって言います! 本名じゃないんですけど、」

「喋り過ぎだ」

「あれ? あ、そっか!」


 何処か抜けてる挨拶にAが少しだけ固まった。愛想は良いが、スタッフにしては余りに気が抜けていると思ったのだろう。しかし敷居的にはこれくらいのノリの方がウケがいい。客層に合わせたスタッフの育成。間違ってはいない筈だ。


「……カジノ ビーナスの支配人、アーシャ・クィーンよ」

「カジノ、ビーナス……?」


 初めて聞いたと言わんばかりのレトカの表情に、Aはやっぱりかと肩を竦めた。

・→←Preparation



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (8 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
12人がお気に入り
設定キーワード:暗殺教室 , 募集企画   
作品ジャンル:ファンタジー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

camellia(プロフ) - 葵さん» うぐふっ(謎の声)…………有難いお誘い誠に心苦しいけど今回は見送らせていただきます……バチクソに私事なんだけど50作目にこっち名義で新作出せるように諸々準備中なので、現時点で出来かねるのよ……一連が落ち着いたら参加も考えます(震) (11月12日 22時) (レス) id: 24ff41186f (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - camelliaさん» やった〜〜。頑張った甲斐がある(まだ始まったばかり)。一人完成したら公開って形で順番に書かせて頂く予定なので、遅くなるかもしれませんが……! 何に渋ってるかわかんないけど決心付いたらお気軽にお声がけ下さいね笑 (11月12日 22時) (レス) id: f205b8954e (このIDを非表示/違反報告)
camellia(プロフ) - 好きです(唐突な告白) いや企画の時点でも相当好きでしたけど!!一気読みして心撃ち抜かれました本当に……。募集企画に興味湧いてきたかもしれない。ほんの手伝いの分際でなんですが彼女の子のお話も心待ちにしております(小声) (11月11日 21時) (レス) id: 24ff41186f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作者ホームページ:https://twpf.jp/uranai_aoi  
作成日時:2020年11月11日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。