占いツクール
検索窓
今日:1,031 hit、昨日:4,742 hit、合計:264,962 hit

cinderella_90 ページ42

*岸サイド







休憩中に自販機でコーヒーを買った時のこと。







廊下からガラス張りになっている他部署の中を見ていれば、一つの机がガラッと空いている。








いつも居るはずのAがそこにはいなかった。








岸「あの、すみません」






「はい?」







ちょうど通り掛かったそこの部署の人に話を聞く。








岸「あの…あそこの席にいつも座ってた女性って、移動かなんかしたんですか?」







「Aさんですか?」






岸「…はい」








何を言われるのか少し構えたその先は、








「最近ずっと休んでますよ」







岸「え、ッ?」







「永瀬さんが言うに体調が優れないとか何とかで…1週間は休んでます」







離れてたって、触れられなくたって、近くに置いておけなくたって…







俺はいつだってAをこの目で確認してはどこかで見守っていた。








でもそれが出来なくなると、、こんな一気に不安が押し寄せて来るなんて…







体調が悪いって一言で済まされると、こっちの捉え方は難しいんだ。






それから毎日、今日はAが来てるかどうかっていちいち足を運んで必死にそいつを探して…








やっと見つけた、久しぶりに見たAは…俺の知ってるAじゃなかった。








廊下ですれ違う時、あっちは俺にすぐ気付いただろう。







でもずっと下を見て急ぎ足で…まるで俺を避けるかのように、、







それがどうも俺の気に触れたんだ。







その急ぐ足を止めたくて









岸「A待って!」









咄嗟に伸ばした俺の手は、Aの腕をキュッと掴んだけど、、








岸「お前…痩せた?」







手で触れればすぐに分かる尋常じゃない腕の細さ、。








『お願いだからッ…もう関わんないでッ』








俺が声を掛けた事で急に体を震わせた君は、本当に今…幸せなの?






それが気になって、半ば強引に自販機のある休憩室へと誘った。






でも君の顔色はずっと悪くて…








岸「元気にしてた?」






そう声を掛けても小さく頷くだけ、。







岸「そっか、永瀬に幸せにしてもらってる?」








その名前を出したのが悪かったのか、ちょっと言葉を詰まらせた君は






『…うんッ』







本当に心からそう思ってんの?

cinderella_91→←cinderella_89



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (537 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1990人がお気に入り
設定キーワード:岸優太 , 永瀬廉 , 平野紫耀   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さとこ(プロフ) - ほんとにmuheさんの作品大好きです!どっちと結ばれても私は幸せです笑 (5月3日 0時) (レス) id: 2096cfbafb (このIDを非表示/違反報告)
きゃらめる(プロフ) - 更新頑張ってください!!!早く岸くんみたいです笑 (4月26日 1時) (レス) id: 36d39b543c (このIDを非表示/違反報告)
岸担りりここ - 更新頑張ってください!続き気になりすぎてやばいです← (4月18日 17時) (レス) id: eb3522528a (このIDを非表示/違反報告)
りん(プロフ) - いつも楽しく読ませて頂いております!これからの展開どきどきです、、! (3月29日 15時) (レス) id: 2bc4477fb2 (このIDを非表示/違反報告)
いわたん - れんれんとも危うい方向に、、、頑張れ自分() (3月25日 15時) (レス) id: eb3522528a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:muhe | 作成日時:2018年11月10日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。