占いツクール
検索窓
今日:54 hit、昨日:137 hit、合計:317,423 hit

cinderella_81 ページ33










目を覚ませば見慣れない天井。







だけど初めての空間じゃないから冷静に昨日の記憶を辿る。








今日は幸いにも休日だったから時間を気にする事はなかったけど、、






起き上がろうと裸の体を起こせば、、







−−−ヌクっ。







隣からゆっくりと腕が伸びてきて






『きゃッ、…!』







シーツに擦れる微かな音と共に布団の中へと引き戻された。






『…なに?』







裸のまま抱きしめられたけど、この感覚にまだ平常心を保てない。








廉「なぁA」





『ん?』





廉「俺思ってんけどさ」





『うん』






廉「こうやって朝起きて隣でAが寝てんの、めっちゃ夢やってん」






『そうなの?』






廉「おん、だから俺、今めっちゃ幸せやで?」







そういう事をちゃんと言葉にしてくれるんだ。






彼から受け取る愛情に実感し始める。








廉「だから…もう、俺から離れたりせんでッ」








ギュッと強く込められたものに誠実に答えてあげたくなった。







廉「俺、ほんまにAだけでいい」







目を見て訴えかけられる。






裸なことを一瞬忘れそうになるけど、でも今までの道のりを全部汲み取ったらそりゃ本気が伝わるわけで、






廉「お前が隣おるだけで全然世界違うねん…Aだけがずっと欲しかってん、…だから」






体を起きあげて私の上に覆い被さると、







廉「頼むからずっと隣おってなッ、?」








その言葉はいつも孤独感を思わせる。






怯えてるのか震えてるのか、いつもそんな弱々しい姿が想像できて…







気付いたら首にチクリと痛みが走った。







埋まっていた彼はゆっくり離れるとそれを親指でゆっくりなぞる。





それが妙にくすぐったくてピクリと、反応すれば






廉「あかんかった?」






そういうの気にするなんて意外すぎて全部が可愛い。






『そんな事ないよ、くすぐったかっただけっ』





廉「よかった」






ふわっと微笑む彼を見て、人が幸せを感じる瞬間ってこういう時なんだと気付かされた。






最初から、親に従っていたら何も苦しむことは無かっただろう。






廉くんだって私だって、運命のように惹かれあっただろうし、






岸くんだって…きっと身丈にあった素敵な女性に恋をしてたはず。






だけど…やっぱりどこかで、、






釣り合わないって言われる現実にまだ深傷を引きずっている自分がいた。

cinderella_82→←cinderella_80



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (572 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1972人がお気に入り
設定キーワード:岸優太 , 永瀬廉 , 平野紫耀   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さとこ(プロフ) - ほんとにmuheさんの作品大好きです!どっちと結ばれても私は幸せです笑 (5月3日 0時) (レス) id: 2096cfbafb (このIDを非表示/違反報告)
きゃらめる(プロフ) - 更新頑張ってください!!!早く岸くんみたいです笑 (4月26日 1時) (レス) id: 36d39b543c (このIDを非表示/違反報告)
岸担りりここ - 更新頑張ってください!続き気になりすぎてやばいです← (4月18日 17時) (レス) id: eb3522528a (このIDを非表示/違反報告)
りん(プロフ) - いつも楽しく読ませて頂いております!これからの展開どきどきです、、! (3月29日 15時) (レス) id: 2bc4477fb2 (このIDを非表示/違反報告)
いわたん - れんれんとも危うい方向に、、、頑張れ自分() (3月25日 15時) (レス) id: eb3522528a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:muhe | 作成日時:2018年11月10日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。