占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:228 hit、合計:317,819 hit

cinderella_79 ページ31







廉「お前分かっとる?」





『え?』





廉「俺ガチやねんで?」







真っ直ぐに真剣な眼差しで言ってくるけど何がガチなのかイマイチ ピンと来ない。







廉「そんなんされたら…もうアカンからっ」






スーツ姿なんて毎日見てるし何も変わらない姿なのに、、どこか遠慮気味にも思えた。





いつもの強引さはどこにもなくて、ゆっくりと確実に距離を縮めてきた廉くん。







私の反応を確かめながらなのか恐る恐るに腰へと腕がまわってきて…






廉「もう無理やっ、好き」






幾度となくその気持ちを伝えてくれる彼だけど、いつもそれはありがとうで終わってしまう。






ギュッとこもった か弱い力にちゃんと答えなくてはならないと感じた。






『会議どうだったの?』





廉「めっちゃ頑張ったで?」







そう言いながらスッと離れた廉くんは苦く笑っていて…






廉「でも永瀬家じゃ出来て当たり前やから褒められた事なんてないねん…」






その表情はやっぱり苦しそうで







廉「ほんま、誰かに褒めて欲しいわ…」







自分の中で何かを必死に納得しようとする彼は、強くて少し弱かった。








『私はその頑張り、ちゃんと見てるから大丈夫だよ』





廉「ほんまに?」






『うん、だから待ってたんだもん』







ふざけて彼の頭を撫でようと手を伸ばせば







廉「なぁ」






それは呆気なく手で掴まれて阻止される。






『ん?』






いつも髪の毛気にしてるから普通に嫌だったのかな、なんて思ったのに…






廉「今言いたい」






彼が私に言ったのはそんな予想もしてない言葉だった。






『何を?』





廉「ちゃんと言いたい、改めて…」







かしこまった感じにちょっと不思議に思いながらも







『…?、うん』






私は彼の言葉を待つ。







廉「俺と…結婚前提に付き合ってくれへん?」





『え、』






廉「諦めるとかもう無理やから…今返事して欲しい」






何も驚かないし答えに迷ったり悩んだりしてない私は昨日の時点でもう決めていたのだろう。







『はい、…よろしくお願いしますっ』







深々と頭を下げてみれば彼はポカンと珍しく間抜けな顔をしていた。







『え、もうちょっと無邪気な反応してよ』






廉「いやだって恥ずかしいやんかッ、初めて告ったし初めてオッケーもらったわッッ」






耳を真っ赤にして言う彼に、私は彼の初恋だったと気が付いた。

cinderella_80→←cinderella_78



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (572 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1971人がお気に入り
設定キーワード:岸優太 , 永瀬廉 , 平野紫耀   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さとこ(プロフ) - ほんとにmuheさんの作品大好きです!どっちと結ばれても私は幸せです笑 (5月3日 0時) (レス) id: 2096cfbafb (このIDを非表示/違反報告)
きゃらめる(プロフ) - 更新頑張ってください!!!早く岸くんみたいです笑 (4月26日 1時) (レス) id: 36d39b543c (このIDを非表示/違反報告)
岸担りりここ - 更新頑張ってください!続き気になりすぎてやばいです← (4月18日 17時) (レス) id: eb3522528a (このIDを非表示/違反報告)
りん(プロフ) - いつも楽しく読ませて頂いております!これからの展開どきどきです、、! (3月29日 15時) (レス) id: 2bc4477fb2 (このIDを非表示/違反報告)
いわたん - れんれんとも危うい方向に、、、頑張れ自分() (3月25日 15時) (レス) id: eb3522528a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:muhe | 作成日時:2018年11月10日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。