占いツクール
検索窓
今日:20 hit、昨日:155 hit、合計:317,252 hit

cinderella_66 ページ18









でも、自分の服の中に廉くんの手が入ってきて、、






『い、ッやッ、・・!!』







急にペースが乱れて私はそれに合わせられなかった。






『ちょッ・・んぅッ、!!』






乱暴にキスを交わしたかと思えばそのままベッドに押し倒される。






息継ぎが出来なくてやっと離れたタイミングに肩で呼吸を整えた。






すると、






彼の表情は最悪な程に曇っていて、、







廉「・・怒っとる?」







そんなことを聞いてくるのだ。







『別に、怒ってはないけど・・逆に聞くけど』






廉「なに」






私の肩を掴む廉くんの手はとても震えていた。






『もしかして、・・焦ってる、?』






手探りで見つけた答えを言ってみては、また君の事を苦しめてしまうのだろう。







だけど、







廉「・・当たり前やん、惚れとる女の大本命から電話かかってきたら、そりゃ余裕なんてなくなるやろッ、?」







『・・うん、』








彼の本音をちゃんと本人の口から聞けると、自分の背負ってるものが軽くなる気がした。







廉「・・実際ちょっと揺らいでたし」







あの一瞬の時間でよく私の表情見てるなって、時々関心の域だった。






でも、








廉「俺、偉いと思わへん?」






今にも壊れそうでギリギリを保ち続ける廉くんは余っ程強かった。








廉「自分を優先する言うて、・・ほんまはお前に嫌われるんが一番怖いねんッ」







どこまでも愛を教えてくれる人、そう思った。







廉「嫌ならハッキリ言って欲しい、曖昧なんが1番傷つくから、ッ」







曖昧に自分の傷を癒そうとしていた自分は、罪をどこかで背負いたくなかったのかもしれない。






でも、廉くんはその罪も責任も、・・最初から覚悟の上だったのだろう。







そう考えると、怖いものなんてもう何も残っていなくて、、







それが一つだけあるとするなら、








『ちゃんと愛してね、?』






廉「もうとっくに愛してるはずなんやけどな、まだ足りひん?」







彼の気持ちを受け止めきれるか、だろう。







こんなに愛されてるのに、






人って思ってるより貪欲な生き物なのだ。

cinderella_67→←cinderella_65



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (572 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1973人がお気に入り
設定キーワード:岸優太 , 永瀬廉 , 平野紫耀   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さとこ(プロフ) - ほんとにmuheさんの作品大好きです!どっちと結ばれても私は幸せです笑 (5月3日 0時) (レス) id: 2096cfbafb (このIDを非表示/違反報告)
きゃらめる(プロフ) - 更新頑張ってください!!!早く岸くんみたいです笑 (4月26日 1時) (レス) id: 36d39b543c (このIDを非表示/違反報告)
岸担りりここ - 更新頑張ってください!続き気になりすぎてやばいです← (4月18日 17時) (レス) id: eb3522528a (このIDを非表示/違反報告)
りん(プロフ) - いつも楽しく読ませて頂いております!これからの展開どきどきです、、! (3月29日 15時) (レス) id: 2bc4477fb2 (このIDを非表示/違反報告)
いわたん - れんれんとも危うい方向に、、、頑張れ自分() (3月25日 15時) (レス) id: eb3522528a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:muhe | 作成日時:2018年11月10日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。