占いツクール
検索窓
今日:87 hit、昨日:1,253 hit、合計:653,462 hit

loveharassment_4 ページ4








本の貸し出し時間はとっくに過ぎていて・・






図書室にいるのは、もう私と廉くんだけ。







鍵を締めて職員室に戻さなくてはならないのだが、






廉くんは横になったまま。







『ねぇ、早く帰る準備してよ!!帰れないじゃんっ』







戸締まりはいつも私がしている為、彼を急かすようにする。






だけど、







廉「ちょ、うっさいわ」






『はぁ!?』








彼はスマホをいじったまま、気だるそうな声でそう言った。






先程、紫耀くんに言われてた事を本当に分かってほしいものだ。







『私にばっかり仕事押し付けないでよ!!』







無意味なのだろうが、一応言ってみた。







すると彼は重そうな体をずらして私を見てくる。









廉「だってお前、地味な仕事好きやんか」








何をどう読み取ったらそういう考えに辿り着くのか。







どう考えてもこじつけにしか思えない。








でもまぁ、毎日サボらず図書委員の仕事を全うしてるのは確かなのだが








『サボらず毎日ここに来てくれるんだったら、本の整理くらい手伝ってよね』








来る意味が全くない。








そんなに嫌なら来なきゃいい話なのに、そこは変に矛盾を生んでいた。








自分の背よりも高い位置にある分厚い小説。







それの番号がぐちゃぐちゃであった為、私は取り出して並び替えていた。







廉「よう真面目にそんなん出来るよな」








横から無駄口だけが聞こえてくるのだが、、








『ねぇ、これマジで重いっ!!』







サイズも大きくて片手ではとてもじゃないけど持つのは難しいだろう。







それを引き抜いて手に取ろうとしたのだが








『うわぁあ!?っ』







−−−−バフォン、っ。






本は手をするり抜けて地面に落ちていった。







広くて静かな図書室にはその音が綺麗に響く。







廉「何やってんねん」







呆れた顔の廉くんは、立ち上がるとスマホを自分のポケットに入れてこちらに近付いてきた。






すると落ちた本を拾って正しい番号順に並べてくれる。







スタイルいいなとは思っていたけど、





やっぱり背伸びをせずに本を取るところを見ると改めて長身なんだなぁ、と。







廉「お前二次災害起こしそうで見てられんわ」






なんでこういう時にふと優しい感じを出してくるのか。






頭のいい彼だから何か裏があるんじゃないかとか、、色々探ってしまうのだ。

loveharassment_5→←loveharassment_3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (876 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3399人がお気に入り
設定キーワード:永瀬廉 , 平野紫耀 , 高橋海人   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

れんれん大好き小学6年生 - やばかったです。きゅんきゅんしました。心臓やばかったです。 (1月13日 0時) (レス) id: 5a9046b055 (このIDを非表示/違反報告)
彩藍(プロフ) - 面白かったです!題名とストーリーがとても合っていて…(*´`)次作も楽しみにしてます! (10月9日 19時) (レス) id: 0a70532ba2 (このIDを非表示/違反報告)
ひかる - 完結おめでとうございます。拗らせ過ぎてる廉くん可愛かった…私にも小中学の時にこうゆう男子がいて…好きとは言われてないけど、今思うと私の事好きだったのか?なぁんて思い出したり笑 面白かったです。 (10月9日 3時) (携帯から) (レス) id: 075c6f1d28 (このIDを非表示/違反報告)
#かのん(プロフ) - パストアンドのほうも更新待ってます! (9月20日 23時) (携帯から) (レス) id: f71de401a4 (このIDを非表示/違反報告)
リリ - 私、むへさんの小説が大好きです!特に廉くんが好きなので、ラブハラは嬉しすぎます!これからも頑張ってください! (9月5日 20時) (レス) id: 9bfda2b59c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:muhe | 作成日時:2018年9月4日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。