占いツクール
検索窓
今日:61 hit、昨日:521 hit、合計:127,667 hit

第2話 羨望と興味 ページ4

心操side

普通科のクラスメイト、轟Aの第1印象は変な奴だった

少し緑が混ざったような宝石みたいな青色の瞳に深紅の長い髪

綺麗な奴だった

でも、冷めていた

雄英高校といえばヒーロー科。普通科には少なからずヒーロー科の入試に落ちた奴が入ってくる。体育祭などの行事で成績を出せばヒーロー科に入れるかもしれないから燃えている

俺もそうだし

けど何にも関心が無いようにボーッとしていた
轟さんの姿に少し疑問が湧いた

炎、なんて派手でヒーロー向きな個性

しかも轟って名字・・・

「轟さんってエンテヴァーの娘だったりする?」

『・・・・・・』

2分くらい沈黙が続いたと思う

『・・・轟って名字好きじゃないから』

「じゃあAさん」

『何、心操くん』

名前で呼ぶとさっきまでの刺々しい雰囲気が薄れたような気がした

「違ってたら悪いけどAさんってエンテヴァーの娘だったりする?」

『・・・そう、双子。ヒーロー科に兄がいる』

やっぱり・・・確か前にエンテヴァーが記者に質問されてたからな・・・

「じゃあ何でヒーロー科に入らなかったの?」

Aさんの個性が炎だからその個性はエンテヴァーさんから受け継がれた個性だと思う

少なくともエンテヴァー並みの火力を持つ個性だ、ヒーロー科に間違いなく、もしかしたら推薦だって貰える個性だ

『・・・心操くんは自分が心底憎んでる奴に憧れる?』

「は?」

『・・・アイツは世間ではNo.2っていわれてるみたいだけど私にとっては私欲の為に家族を壊したヴィランと同じだよ』

綺麗な顔に似合わない、吐き捨てるような言い方に地雷を踏んだかと思った

・・・野暮だよな、知り合ったばっかのただのクラスメイトが何、人の家庭に踏み込んでんだか・・・









それと同時に、轟Aに興味を持った

第3話 心操くん→←第1話 1-C組



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (89 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
324人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

こしあん派 - 壮さん» ありがとうございます!これからもバンバン更新します! (6月11日 8時) (レス) id: 1be51e16a1 (このIDを非表示/違反報告)
- この作品大好きです!応援してます! (6月10日 23時) (レス) id: e0b5d820e2 (このIDを非表示/違反報告)
こしあん派 - こんさん» ありがとうございます!!ドンドン更新出来るように頑張ります! (6月7日 12時) (レス) id: 1be51e16a1 (このIDを非表示/違反報告)
こしあん派 - 夜小雨さん» ありがとうございます!!満足してもらえるように頑張ります! (6月7日 12時) (レス) id: 1be51e16a1 (このIDを非表示/違反報告)
こん - 二度読み返してきました、何回見ても面白くて続き楽しみにしてます。 (6月7日 2時) (レス) id: 2ffd86cb40 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:こしあん派 | 作成日時:2019年5月8日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。